計画的FXのすゝめ

主にドル円トレードで展開中

【MT4 インジケーター】リペイントするインジケーターを切り捨てる前に

世にあまたあるMT4のインジケーターなんだけども、

バイナリー用とかだと、リペイントすることが無茶苦茶多くて、

結果だけ見たら、最強なサインが連発されまくってるっていうオチで。

 

そして、満を持してリアルトレードしようものなら、クソサインが連発される。

なので、勝てるわけもなく、ボロ負けに負けまくる。

 

そうすると、リペイントするやつは見向きもされなくなって、

使わずにポイッとなると思うんだけども、じゃぁ、その前になんかできんのか?

ってことで。

できるもんならコードを書き換えて、リペイント消したりもできるんだろうけど、

それはMQL使える人たちの話なので棚上げで。

 

標準でテスターが有るんだから試す

f:id:FXNUKE:20210712202551p:plain

MT4のすべての機能を完全理解して使いこなしてる人が、この世にどのくらい居るのかわからんのだけども、そんな機能の1つで、テスターが有るわけですよ。

一般的には、EAのバックテストとかで書かれてることが多いと思うけど、実はインジケーターもテストできるっていう話。

そもそもこのウィンドの出し方は、MT4画面左上にある「新規注文」の左側。

なんだかわからないアイコンをクリックしたら、

サブウィンド位置にこれが出てきますんで。

 

で、テストしたいインジケーターをセットして、任意の期間で検証。

1年ぶっ通しとかまでやらなくても、1日だけとか1週間だけとかでも。

どのくらい違った出方をしてくるのかを見比べたいので。

 

とりあえずリアル変動しているチャートの任意機関を準備する

f:id:FXNUKE:20210712203136p:plain

これだけ見たら、無茶苦茶強ぇえサインを出してるのを確認しつつ、

サブウィンドのパラメーターが突出したところが高値安値になってるなぁとか。

これがリアルタイムでこの通りだったら無茶苦茶すげぇやつになるけども・・・

 

同じ期間を同じ時間足でテストしてみる

f:id:FXNUKE:20210712203314p:plain

色が違うけどもサブウィンドは一緒の期間を一緒のインジケーター。

もちろん、設定値も一緒。

にも関わらず、左側の区間が一致してるのは、すでにリペイントされた状態でテストになってるから。日付の指定を右側の1日分にしてるんで。

そうすると、この違ってる区間を見比べてどんなもんか?

 

対比してみてからっきしなら諦めるけども・・・

例に出してるインジケーターで比較してみると、突出してるところが有効には見えるものの、上昇中のトレンドに対して上側で出ている部分が非機能的。

バイナリー用ってのも有るから、逆張り向きでサインが出てることになるので。

となると、下側に突出してる分には押し目買い位置を出してることになり、

リアルタイムも、リペイント後もほぼ同じ位置で出ている状態。

であるとするならば、トレンドの方向性を見れるようなインジケーターを組み合わせて、上昇トレンド判断できるようであれば、そのサインをベースに押し目買いでいいかと。

といった感じで、使えそうな余地があれば、対応策考えて使えばいいんじゃないだろうかということで。

f:id:FXNUKE:20210712214215p:plain

ということで、いつもの画面5分足版でこんな様相。

メインチャートのインジケーターのパラメーターもいじってるけど、

5分足だったら12を軸にした倍数使ってみたりとか工夫してみたり。

なので、買いサイン中、上昇トレンド示唆だとして、下に突出したのを拾う感じで。

 

まとめ

めちゃくちゃ不親切な内容なんだけども、要はリペイントインジでも一旦検証してみては?という事で。