計画的FXのすゝめ

主にドル円トレードで展開中

【ドル円】今週の振り返り

あくまでインジケーターがどうだっかを見たいがためのやつ。

月曜日

f:id:FXNUKE:20210619143914p:plain

FOMC前にして、月曜日は全然まともな感じに、数字が最大Pips数。

エントリーは、サイン後のストキャスで押し目・戻りねらいから。

そうするとだいぶわかり休めに、朝9時からの動きで昼までに12Pipsとか。

その後昼間の横ばいを数時間経過して、じり安から13Pips。

夜間に入って、翌日からのFOMC期待だったか、金利上昇だったか、

ドル円は上昇して翌日へ。

 

火曜日

f:id:FXNUKE:20210619144939p:plain

翌日にFOMCの結果発表ありきだから、強烈に動意薄状態で横ばい。

なんか動いてそうに見えるけども、値幅が全然ないからどうしようもない日。

 

水曜日

f:id:FXNUKE:20210619145055p:plain

同じく横ばいをずっと継続して、警戒感から途中下落。

でも、蓋開けてみたら、タカ派なニュアンスだったから急騰。

こういうのはインジケーターだと追いきれないから、そもそも様子見日。

 

木曜日

f:id:FXNUKE:20210619145316p:plain

そして、高止まりしたところから調整なのか下落。

やっぱり夜間帯までは動意薄で横ばい推移。

その後下落で。

 

金曜日

f:id:FXNUKE:20210619145508p:plain

やっぱり横ばい気味から始まり、ロンドンタイムから下落。

週末金曜日で夜間に上昇傾向を出しつつ、一転下落で。

ただ、総じて横ばい気味に、110円を堅持したかなぁという印象で。

とかく、FOMCがらみで動いてたから、なかなか機能しない週な印象。

来週からは通常な感じに戻りそうだから、サインが機能しやすいと思う。

 

おまけでゴールドとシルバー

さておき、ゴールドとシルバー相場はおまけで。

f:id:FXNUKE:20210619154444p:plain

週で1,100Pips下落して、1900ドルを超えてたのに、気がつけば1760ドルまで下落。

ドル買いに振れやすい地合いになってるからそういう反応なんだけども。

4月末の水準まで急降下で。

 

なおかつ、同じ設定ならシルバーがわかりやすかった・・・

f:id:FXNUKE:20210619155444p:plain

15分足だから、1区切りが1日で、5日前は月曜日に売りサインからの戻り位置。

そこからじっと週末まで我慢というべきか、ほったらかしておくというべきか、

それで220Pipsほど。

実質5倍変動なので、こっちも1,000Pips相当。

 

最近全然書いてなかったけども、ゴールド・シルバーのクソハイボラは継続で。

 

来週~年末までのドル円

さておき、来週のドル円は110円での根固めして、上昇方向だと思う。

年初来高値をつけに行くかもしれないし、ファンダメンタルズ的に円買いが難しいように思うから、安易な売りはやめといたほうが無難。

f:id:FXNUKE:20210619161029p:plain

そして、気がついて6月は1年の真ん中。

見直せば、今年1月からの上昇が3月いっぱいまで続き、4月に下落。

5月6月は今の所上昇で、年初来高値を狙える位置。

無論、現状はその高値がレジスタンスになっている状態で。

 

高値更新した場合、エリオット波動論的に行くと最大120円とか。

現状110円だから、下半期で10円円安が進むことになるけど、果たしてどうだか。

1波目の伸びと同じくらい伸びて115円くらい。

これだと、まぁ、ちょっと現実味があるかなぁという印象。

 

高値更新できなかった場合、直ちに下落は無いだろうけども、

年初来高値に面合わせしてからのWトップ形成で反落。

ネックラインが107円50銭付近で、そこを割り込んでくると102円が見えてくる。

 

ということで、これが現状気にしている水準。