見せかけのブレイクアウトで取引する方法

見せかけのブレイクアウトで取引する方法

騙しのブレイクアウトで取引するには、どこで生じるかということを知る必要があります。
潜在的な騙しのブレイクアウトは通常サポートレベルとレジスタンスレベルで見受けられます。
トレンドライン、チャートパターン、日足の高値や安値などで形成されたレベルです。

トレンドライン

騙しのブレイクアウトではトレンドラインと価格に空間が存在するということを常に頭に入れておきましょう。

トレンドラインと価格に差が生じている場合、価格がトレンド方向に向かうのと同時にトレンドラインから遠ざかっていることを意味します。下記の例のように、この差(空間)があることで価格がトレンドラインに向かって引き返すことを可能にしています。突き抜けることもあり、騙しの取引の機会になります。

3-highschool-08-img01.png

かなり重要な価格変動のスピード

もし価格がトレンドラインに向かってゆっくり動いているのであれば、それは騙しの可能性が高いかもしれません。言い換えると、
急速に価格がトレンドラインの方に動いているのであればブレイクアウトが生じる傾向が強いということです。
というのは速度をつけて価格が動くということはその分勢いがあるということです。勢いに乗って価格も動き、
最終的にはトレンドラインを抜けてブレイクアウトが生じるのです。

3-highschool-08-img02.png

ではトレンドライン上の騙しはどう扱うのでしょうか。
実はかなり簡単で、価格が中へ戻った時にエントリーするのみです。

このようにすれば安全でフライングを避けられます。トレンドラインの上下で売り注文を出した後にブレイクアウトが
本物だったということ避けましょう。

チャートを使って見込みのあるエントリーポイントを挙げてみます。

3-highschool-08-img03.png

チャートパターン

チャートパターンは直接目に見え、自然に生じる価格の集まりです。テクニカル分析の重要箇所でもあり判断材料にもなります。

騙しのブレイクアウトが起きる傾向が強い2つのパターンです。
- ヘッドアンドショルダー
- ダブルトップ/ダブルボトム

ヘッドアンドショルダーパターンは、初心者のトレーダーにとって扱いが難しいうちの一つです。しかし時間と経験を積むことで、このパターンを役立つツールとして使いこなす事が出来るでしょう。

ヘッドアンドショルダーパターンはトレンド反転を示す形状です。上昇トレンドの終わりに形成され弱気へと反転するシグナルです。
対照的に、下降トレンドの終わりに生じれば強気へと反転するという合図です。ヘッドアンドショルダーは騙しのブレイクアウトを
形成するので騙しを狙える最高の機会です。

多くのトレーダーがネックラインのすぐそばに損切り注文を入れるので、このパターンでは騙しがよく見受けられます。

3-highschool-08-img04.png

騙しのブレイクアウトが現れると価格は大抵はね返ります。下方向のブレイクアウトを読んで売り注文、あるいは上方向の
ブレイクアウトを読んで買い注文を入れたトレーダーは価格が反対に動くと逆指値注文を入れるでしょう。

3-highschool-08-img05.png

ヘッドアンドショルダーパターンでは、1つ目のブレイクは騙しの傾向が強いことが予測できます。

ネックラインの後ろにリミット注文を入れ、騙しのローソクの高値よりも上にストップ注文を入れ、騙しを狙った取引でできます。

利益確定の狙いは、2つ目のショルダー(山)の高値の少し下、あるいは逆パターンの2つ目のショルダー(谷)の安値の
少し上になります。

次に紹介するパターンはダブルトップ/ダブルボトムです。
もっとも簡単に見抜くことが出来るので多くのトレーダーに愛されているパターンです。
価格がネックラインの下に抜けるとトレンドが反転するという合図です。この為かなり多くのトレーダーがネックラインのすぐ側で
エントリーします。

3-highschool-08-img06.png

このチャートパターンの問題点は、数えきれないほどのトレーダーがそれを理解していて同様の位置で注文をいれるということです。

3-highschool-08-img07.png

ヘッドアンドショルダーと同様、価格が戻ってはずみに乗り出した段階で注文を入れましょう。騙しのローソクを越えたところで
ストップ注文を設定すればいいでしょう。

騙しを狙うべきなのは市場がどんな時でしょうか?

ベストなのは一定の値幅で横ばいになっている市場です。しかし、市場の心理、重要な経済指標やその他の市場分析を
見逃してはいけません。

金融市場では長い間一定のレンジで上下し続けるのが当たり前で高値と安値から大きく逸れることはできません。

レンジはサポートレベルとレジスタンスレベルで形成されて、買い手・売り手がそのレベルの間で価格を押し合っています。
こういった横ばいの環境でだましを狙って取引するのは利益が見込めます。でも、結局は片方が優勢になり新しいトレンドが生じます。