曖昧なクロス通貨に気を付けよう

曖昧なクロス通貨に気を付けよう

ユーロと円のクロス通貨は最も流動性のあるクロス通貨ですが、USD、EUR、またはJPYが含まれないクロス通貨を「マイナーなクロス通貨」とも呼びます。その例として、AUD/CHF, AUD/NZD,CAD/CHF, GBP/CHFが挙げられます。 あまり取引が行われていないペアのためマイナーと呼ばれています。

これらのマイナーなペアはERU,JPYのクロスカレンシーよりも扱いが難しく、リスクが大きいと考えられています。少人数のトレーダーのみが取引をするため、取引量自体も小さくなります。
流動性が低いクロスカレンシーで取引をすると、価格が突発的に動いたり、不安定になります。
AUD/CHFとGBP/CHFの例で確認してみましょう。

5-highschool-05-img01.png

このようなスパイクでストップロスになりたくない為、殆どのFXトレーダーはストップロスを広く設定しています。例のような上下に激しい動きをするペアの扱いは難しいです。

5-highschool-05-img02.png

また、このようなペアは取引量が少ない為スプレッドの幅も大きくなります。 もしこのようなペアでの取引を考えている場合はスプレッド幅が大きい事と、価格が大幅に変動することを理解して取引する必要があります。