ブレイクアウトと騙しのブレイクアウトの取引 まとめ

ブレイクアウトで取引

ブレイクアウトで取引するときの目的は正確に市場にエントリーして変動性が衰えるまでトレンドに乗ることです。
取引対象の供給と需要の変動を示してくれるので、ブレイクアウトはとても重要な情報の一つです。
株や先物取引と違ってFXではトレードのボリュームまでは分かりません。そのため変動性に頼ることが必要になります。
変動性はある一定の期間における全体の価格変動を測るものであって、潜在的なブレイクアウトを察知するために使われます。

通貨ペアの変動性を正確に捉えるのに役立つインジケーターがいくつかあります。これらを使えばブレイクアウトの機会を探す時に
役立つので頭に入れておきましょう。

- 移動平均線
- ボリンジャーバンド
- ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)
- ブレイクアウトには2種類あります。

ブレイクアウトの種類 
- 継続のブレイクアウト 
- 反転のブレイクアウト 

ブレイクアウトを見極めるのに役立つツール
- チャートのパターン
- トレンドライン
- チャネル
- トライアングルチャートパターン

下記のツールを使ってブレイクアウトの強度を測ることが出来ます。
- MACDインジケーター
- RSI(相対力指数)

最後に、ブレイクアウトは大抵上手く機能し、経済指標時などにも対応できます。その時点の状況にブレイクアウトを狙ったトレードが
適しているのかどうか判断する為にも、FXカレンダーを常に確認することが重要です。

騙しでトレード

組織化されたトレーダー達は騙しを狙ってトレードするのを好みます。個人トレーダーの我々もそれを見習う必要があります。

トレードも彼らの組織化されたトレーダーがする方法を出来れば、成功も目前です。

騙しのブレイクアウトでのトレードとは、単純にブレイクアウトの反対方向にトレードすることを指します。サポートレベルあるいは
レジスタンスレベルで生じるブレイクアウトが騙しのもので同じ方向に動かないと予想した場合にこのトレード法を試してみましょう。

サポートレベルあるいはレジスタンスレベルでのブレイクが著しい場合には、ブレイクアウトを狙うより騙しを狙った方が賢明です。

トレンドライン、チャートパターン、あるいは日足の高値や安値で形成されるサポートレベルやレジスタンスレベルで潜在的な騙しが
よく見受けられます。

ベストなのは一定の値幅で横ばいになっている市場でしょう。しかし、市場の心理、重要な経済指標やその他の市場分析を
見逃してはいけません。

金融市場では長い間一定のレンジで上下し続けるのが当たり前で高値と安値から大きく逸れはしません。

レンジはサポートレベルとレジスタンスレベルで形成されて、買い手・売り手がそのレベルの間で価格を押し合っています。
この場合、横ばいの環境で騙しを狙って取引するのは利益が見込めます。でも、結局は片方が優勢になり新しいトレンドが生じます。

最後に、ブレイクする方向にFXトレーダーの心理を動かせるような経済指標時や重要なニュースがない時に騙しの確率は
より高くなることを覚えておきましょう。