計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

タカ派とハト派の中央銀行

タカ派ハト派中央銀行

先のレッスンでは、国の金利が変動すると通貨価格にも影響が及ぶことを学びました。

そして金利率が中央銀行が経済及び価格の安定さをどう見通すかということで改変されます。これが金融政策の一部です。

中央銀行には企業などと同じように代表・頭取がいます。彼らの役割はその中央銀行の声であり、金融政策の方向性を市場に伝えます。
潜在的な金融政策の改定において何が起こるのかということを理解するのは重要なことです。

国や経済のために金融政策の決断をするのは中央銀行の代表だけではありません。

また、全ての中央銀行の役員が同じように重要なわけではありません。
中央銀行の発言には市場の反応を掻き立てる方法がある為、発表の次の動きに注意しておきましょう。

中央銀行の発言には下記のようなことが含まれます。金利率の引き上げ、引き下げ、または継続や、経済成長の見通しについての議論、そして現状と今後の改定概要を発表する金融政策まで様々なものがあります。

中央銀行の発表が放送されるとすぐにあらゆるところの通信社が公に知らせてくれます。

為替アナリストやトレーダーはニュースを受け金利率の改変や経済成長に関連していると、発表の市況を詳しく評価します。

市場が経済に関した報道あるいは指標の公開に反応するのと同じように、FXトレーダーは中央銀行の行いおよび金利率の変動が現在の市場予想と合致していないとより敏感に反応します。

中央銀行によって透明性が高くなっているため、金融政策がどのように進展していくのかを予想するのも難しくなくなっています。

しかし、中央銀行が予期するより大きくあるいは小さく見通しを変更する可能性があります。そんな時は市場の変動性も高く、保有および新しいポジションを細心の注意を払って処理するべきです。

タカ派とハト派の中央銀行

中央銀行はタカ派とハト派に分けて考えられます。これは経済状況に対してどのようにアプローチしていくかで判断されます。

中央銀行がタカ派の場合には、インフレーションを対処する為金利の引き上げを支持するでしょう。それが経済成長や雇用に悪影響さえももたらします。

例えば、”Bank of Englandがインフレーション上昇の恐れがあることを提示します。” Bank of Englandがインフレーションを減速させるために金利率を引き上げる意見に傾いていることを公表した場合にはタカ派だと見なされます。

一方、ハト派の中央銀行はたいてい金利率を引き下げ経済成長や雇用を助長しようという考えを持ちます。また特定の経済行事や動きに対して挑戦的な姿勢ではありません。

タカ派そしてハト派の両方の傾向が見えます。どっちつかず中立な姿勢の銀行もあります。しかし、市場が激しく揺れるときに本当の姿が際立って表れがちです。