計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

なぜそれぞれのマルチタイムフレームを知るべきか

なぜそれぞれのマルチタイムフレームを知るべきか

まず、GBP/USDの10分チャート(2010年7月1日午前8時、GMT)を見てみましょう。

単純な移動平均は200個で,抵抗線として維持されているようです。
抵抗についてのテストと同時線の形成をみると、Sellポジションで進入する良いタイミングだと考えられます。

6-highschool-04-img01.png

しかし、次に何が起こるか見てみると、ペアーが反抗線の上でクロスして他の200pipsが上昇しています。

6-highschool-04-img02.png

一体何が起きたのでしょうか。ひとまず1時間チャートを見てみましょう。

もし1時間チャートを見ていたら、ペアーが底から上昇していることに気付いたでしょう。 さらに、同時線が形成されてサポートラインに到達しています。これは明らかな買いシグナルです。

6-highschool-04-img03.png

上昇チャネルは4時間チャートで更に明らかに見えます。

6-highschool-04-img04.png

もし最後のチャートを最初に確認できていたなら、10分チャートの取引でショート(Short)に行く決断をしなかったでしょう。

タイムフレームが異なっていましたが、全てのチャートは同じ価格データを表示していました。

違うタイムフレームを確認しないと、全てが上手く出来ているように見えていたのに何故急に市場の動きが変動したり失速、またはその反対に動くのか理解が難しくなります。

マルチタイムフレームを使用すれば、1つのタイムフレームを使用するよりも負ける確率が低くなります。そして、取引の動きをより大きなイメージで観察できる為、長期的に取引を続けられるようヒントを与えてくれます。