どのタイムフレームが取引にベスト?

どのタイムフレームが取引にベスト?

どのタイムフレーム(時間枠)が取引にベストかは、前回のレッスンでも触れた通り、自分が一番快適だと思える時間枠を選びましょう。

もしも時間に捕らわれずに取引をしたいと言うのならば、長期取引を選んだ方が良いでしょうし、少しでも早く結果を出したいというのであれば短期取引をしましょう。

下記テーブルは、基本のタイムフレームについての簡単な説明です。

時間枠内容長所短所
長期取引1日、又は週単位の取引
又はそれ以上の長期取引
(数週間や年単位)
市場の状況を常に
観察する必要がない
時間の余裕がある
大きいスウィングが年に
1.2回見られる
忍耐が必要となる
投資金には
余裕を持つ必要がある
月毎に負ける事がよくある
中期取引1時間単位から
数時間単位の取引
負ける可能性が
低くなる傾向がある
取引費用が高くなる
可能性がある
一夜(Overnight)の
リスクがある
短期取引1分から15分単位の取引取引が多くなり、
負ける可能性も低くな
る傾向がある。
一夜(Overnight)
のリスクが無い。
取引費用が最も高い。
頻繁に市場の状況を把握する必要がある為
精神的にも負担が大きい。

一番快適だと思える時間枠が見つかったら、その時間枠の取引の特徴を知っておきましょう。