計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

ブレイクアウトの種類

ブレイクアウトの種類

ブレイクアウトを狙うとき2つのタイプについて知っておくことが重要です。
1. 継続のブレイクアウト
2. 反転のブレイクアウト

どのタイプのブレイクアウトであるのかを察知することで、市場全体の動きの中で何が起こっていくのかを理解することが出来ます。

取引中の通貨ペアの供給および需要における変化を示すのでブレイクアウトはとても重要です。市場心理の変化によって、pips稼ぎの素晴らしい機会に繋がる広範囲の動きを引き起こします。

継続のブレイクアウト

市場である方向に大きい動きがあると、市場が一息つくことが稀にあります。これは売り手と買い手が次にどういうアクションを起こすのかを考えながら一服している状態です。結果として、横ばいの動きのレンジが一定期間続くことになります。

3-highschool-03-img01.png

トレーダーが先行のトレンドが正しいと判断し同じ方向に価格が動き続ければ、結果的に継続のブレイクアウトになります。
先行のトレンドの”継続”と考えればいいでしょう。

3-highschool-03-img02.png

反転のブレイクアウト

反転のブレイクアウトも継続のものと同じように、先行のトレンドが続いた後に横ばいのレンジが生じる傾向があります。

3-highschool-03-img03.png

唯一の違いは、横ばいレンジの後にトレーダーがトレンドが枯渇し反対方向に価格が動くと判断する点です。その結果、反転の
ブレイクアウトが生じることになります。

3-highschool-03-img04.png

騙しのブレイクアウト

上記の二つのブレイクアウトについて理解したと思いますが、もう一点気をつけるべきことは、騙しのブレイクアウトです。ここに
騙されないようにしましょう。

価格が一定のレベル(サポート、レジスタンス、トライアングル、トレンドラインなど)を抜けたのにも関わらずその方向に動かない場合に、偽のブレイクアウトが起こります。これはブレイクアウトではなく、レンジに価格が戻ることで生じる短いスパイクです。

3-highschool-03-img05.png

ブレイクアウトでエントリーするには、価格が元々のブレイクアウトレベルまで戻るのを待ってから更にはね返って新しい高値か安値を
つけるのを確認してからが良いでしょう。(高値か安値かは取引したい方向によります)

3-highschool-03-img06.png

また、別の回避方法だが一つ目のブレイクアウトに手を出さないということです。まず価格が予想している方向に動き続けるかを確認することで、利益を生む取引の可能性を高めます。これを行う欠点としては、価格が素早く動いたときに何度かトレードのチャンスを逃すということです。