ヒドゥンダイバージェンス

ヒドゥンダイバージェンス

ダイバージェンスの使い方は、相場の反転の合図として使うだけではありません。トレンドの継続サインとしても利用することが
できます。 それを、ヒドゥンダイバージェンスと呼びます。
ヒドゥン(Hidden)とは「隠れた」という意味の為、隠れたダイバージェンスということです。

買いのヒドゥンダイバージェンスとは何か解説していきましょう。
買いのヒドゥンダイバージェンスとは価格が安値を切り上げたのに、ストキャスティックなどのオシレーターが価を切り下げることです。
例えば、通貨ペアが上昇トレンドにあったとします。そして、価格が安値を切り上げました。
その時のストキャスティクスを見て、安値を切り下げていたら、ヒドゥンダイバージェンスが起きているということです。
つまり、上昇トレンドが継続する可能性が高いという合図です。これもチャートの例で確認しておきましょう。
下記チャートはストキャスティクスが安値を切り下げているのに価格は安値を切り上げる、買いのヒドゥンダイバージェンスです。

1-highschool-03-img01.png

下のチャートは売りのヒドゥンダイバージェンス例です。
ストキャスティクスが高値を切り上げているのに、価格を切り下げています。

ここから下落トレンドが継続します。

1-highschool-03-img02.png

あなたがトレンドフォロワーであるなら、少しヒドゥンダイバージェンスを観察してみる価値があります。
上手くヒドゥンダイバージェンスを見つけることが出来たら、低いリスクでトレンドに乗ることができるでしょう。

ここまでで、ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスを理解できましたか?
ダイバージェンスは相場の反転を捉えるためのテクニックで、ヒドゥンダイバージェンスはトレンドの継続を捉えるためのテクニックと
覚えておきましょう。

次のレッスンでは、この2つを使った実際のトレード手法を説明していきます。