ダイバージェンス

ダイバージェンス

ダイバージェンスは簡単に言うと反転のシグナルです。
価格が安値を切り下げている時にオシレーターが安値を切り上げていたとしたら、買い(BUY)のダイバージェンスとなります。

このような動きは大抵下向トレンドが長く続いた後に起こります。下値支持線(底値圏で下落する値段を支えている価格帯のこと)付近まで下がり、価格が安値を切り下げたのにオシレーターが安値を切り上げたら、それは反転する前触れがあるということです。

チャートからダイバージェンスを理解しましょう。
下記イメージはレギュラー上昇ダイバージェンスです。

LL : 安値切り下げ HL:安値切り上げ
1-highschool-02-img01.png

HH:高値切り上げ LH : 高値切り下げ
1-highschool-02-img02.png



もし価格がHHで、オシレーターがLHの場合は、レギュラー下落ダイバージェンスです。

このような種類のダイバージェンスはアップトレンドで発見することができます。
価格が2回目の高値を出し、オシレーターがLHを出したら、価格が反転して下落することが予測できます。

このイメージからも、2回目の高値から価格が下落しているのが分かります。
このように、ダイバージェンスは、頂上と底面を見極めるのに使えます。