ダイバージェンスの取引方法

ダイバージェンスの取引方法

ここからは、ダイバージェンスを使って相場の反転をチャートで解説します。
このチャートでは、USD/CHFの価格とオシレーターが描かれています。

1-highschool-04-img01.png

このチャートからでも分かるように、トレンドラインはダウントレンドになっていますが、
そのダウントレンドもそろそろ終わるサインが出ています。

価格がLLの時、ストキャスティクスはHLと現れています。
反転が終わりかけているのでしょうか?買いのタイミングが来たのでしょうか?
1-highschool-04-img02.png

まさにその通りです。

そのシグナルは買いを示していて、もし底で買いをしていたらさらに利益が出ていたでしょう。

ストキャスティクスと価格アクションの間にあるダイバージェンスが買いのシグナルを出していました。
価格は下向トレンドラインを突破し、新しい上昇トレンドを形成しました。
もし底(Bottom)で買っていたとしたら、1000Pips以上の利益を得ることが出来たでしょう。

これで、トレンドを読む重要さをご理解いただけたと思います。

次に、ヒドゥンダイバージェンスを見ていきましょう。
ここでもUSD/CHFのチャートを例に使用します。
1-highschool-04-img03.png

ダウントレンドが続いているのがチャートから見て分かると思います。
価格はLHでストキャスティクスはHHです。今まで学んだ経験では、下降ダイバージェンスです。
これは一体どういうことでしょうか。

混乱したら、もう一度サイドラインを確認してみましょう。

1-highschool-04-img04.png

価格はトレンドラインからバウンドし、最終的には2,000pip落としました。
あなたがこのダイバージェンスを見つけていたなら、それがトレンド継続の潜在的なシグナルであると判断したかどうかを考えてみてください。