計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

ダイバージェンスの取引で早過ぎるエントリーを防ぐ方法

ダイバージェンスの取引で早過ぎるエントリーを防ぐ方法

ダイバージェンスは素晴らしい取引ツールになると思いますが、早めに取引にエントリーしてしまうこともあるでしょう。
ダイバージェンスを正しく使いこなす為に、いくつかの方法を紹介します。

指標のクロスオーバを待とう

まずは、インジケーターがクロスオーバーするまで待機しましょう。そうすれば買いから売りにシフトするタイミングが見えてきます。
クロスオーバーが形成されるとき初めて、頂上と底を見分けることができます。

下記チャートでは、ペアーがLHで、ストキャスティクスがHHになっています。

1-highschool-05-img01.png

しかし、忍耐は美徳と言われているように、私ならストキャスティクスが下にクロス―オーバーするまで待つでしょう。

1-highschool-05-img02.png

いくつかのローソクの後にストキャスティクスがクロスオーバーを確立させました。
ここでの主なポイントは「待つ」という忍耐です。

買われ過ぎ、売られ過ぎのテリトリーから抜けるまで待つ

次は、指標が買われ過ぎ、売られ過ぎのテリトリーから抜けるまで待つことです。
その理由は、クロスオーバーを待つ時と同じ理由です。取引の勢いがいつシフトするかは誰にも分かりません。
例えば、チャート内でストキャスティクスが新しい下向を見せましたが、価格は違うとします。

1-highschool-05-img03.png

インジケーターが売られ過ぎの状態を示しており、ダイバージェンスが形成されたら買いのタイミングだと勘違いしてしまうでしょう。
ですが、売りのプレッシャーがかかったまま、価格が下落することもあります。

トレンドが続かなかったせいで、騙されたと感じてしまうでしょう。

実際には、ペアーがLHを形成しているため、新しいダウントレンドも形成されていると考えられます。

もしも忍耐強く待っていれば、ダイバージェンスが確実に形成され、新しいトレンドが成長していることに気付き、損をすることはなかったでしょう。

Momentuインジケータにトレンドラインを描こう

普通は価格アクションにトレンドラインを描くのが常識のため、少し違和感があると思いますが、これもまたあなたに共有したい方法の
一つです。

色々な方法を知っておくのも悪くはないでしょう。
この方法は、トレンドからの反転やブレイク(サポートラインを割った時)があるときに特に有効です。

1-highschool-05-img04.png