計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

ダイバージェンス まとめ

ダイバージェンス

最後にこのレッスンで学んだことをまとめておきましょう。
オシレーターのダイバージェンスには2つの種類があります。

1. ダイバージェンス  ⇒ 相場の反転サイン
2. ヒドゥンダイバージェンス ⇒ トレンド継続のサイン

オシレーターのダイバージェンスに使用するオシレーターはMACD、RSI、ストキャスティクスなどがあります。
ダイバージェンスを使って逆張りトレードをする際の注意点は以下の3点です。
- 空売りならレジスタンスラインで、買いならサポートラインで狙う
- ダイバージェンス自体はエントリーシグナルではない
- ローソク足のパターンやプライスアクションなどのエントリーシグナルを待ってエントリーする

ヒドゥンダイバージェンスを使ってトレンドが継続することを予測してトレンドに乗る際の注意点は以下の3点です。

- オシレーターが買われ過ぎゾーンや売られ過ぎゾーンに到達してからエントリーを狙う
- ヒドゥンダイバージェンスはエントリーシグナルではない
- ローソク足のパターンやプライスアクションなどのエントリーシグナルを待ってエントリーする
これらの注意点を厳守してトレードしていると、エントリーを逃してしまうことも多々ありますが、焦る必要はありません。

条件が揃わずに、エントリー無しというのもトレードの一つと言えます。
次回に安定して勝てる見込みのあるエントリーチャンスを取引しましょう。

いくらダイバージェンスが高確率な売買合図だとはいえ、全てのダイバージェンスを片っ端からエントリーしていたら大負けしまいます。

このレッスンで解説した注意点を厳守し、トレードするようにしましょう。