エリオット波動理論の3つの主要条件

エリオット波動理論の3つの主要条件

エリオット波動理論を取引に使う理由は正しく波動を識別するためです。
市場状況を把握する力を発達させれば、どのような取引方法(長期、短期)を使うべきかわかります。
エリオット波動理論には3つの主要条件があります。ルールが分かると短期と長期どちらの取引が良いか見えてきます。

エリオット波動理論の3つの主要条件
- 条件1:第3波は短い推進波にならない
- 条件2:第2波は第1波の初め頃を超えることはない
- 条件3:第4波は第1波と同じ価格の領域に入ることはない

3つの主要条件とは異なり、波を正しくラベル付けする他のガイドラインもあります。

それは、
- 逆に第5波は第3波の終辺を超えて移動しません。このことを「切り捨て」と呼びます。
- 第5波は、第3波と第5波の始まりを結ぶトレンドラインと平行に第3波から引き出されたトレンドラインを突破します。
- 第3波は長く、シャープで延長されます。
- 第2波と第4波は フィボナッチリトレースメントを頻繁にはね返すレベルです。