計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

【エリオット波動論】調整波動

調整波動

トレンドを構成する5つの波は3つの波カウンタートレンドによって調整、リバースされました。

この調整3波動の画像では、調整(修正)波が分かりやすいように番号ではなくアルファベットで記入しています。

1-summerschool-03-img01.png

よくBull市場を例に挙げているのはエリオット波動理論がBear marketsでは動作しないからというわけではありません。
5-3波のパターンは以下の通りです。

1-summerschool-03-img02.png

調整波パターンの種類

エリオット理論によると、単純なものから複雑なものまで計21種類の調整A-B-Cパターンがあります。 21個もあると覚えられなさそうですが、エリオット理論の良いところはこの21個のパターンがすべて3つの構成にまとめられます。その3つの構成を紹介しましょう。

ジグザグ
1-summerschool-03-img03.png

ジグザグはよく見られるパターンの一つであり、「b」がaやcよりも短いのが特徴です。
このジグザグパターンは2、3度大きな調整の時に見られます。

フラット
1-summerschool-03-img04.png

フラットは強い地合いの時に多くみられ、a-b間とb-c間の長さが大体同じです。つまり、bは急激な戻しの動きをしていることになります。AとBが3波動でCが5波動の3-3-5パターンです。

トライアングル
1-summerschool-03-img05.png

トライアングルは大きな波動から次第に小さな波動になり、5波動で構成されています。三角形は下落、上昇、または拡大し、左右対称に見えます。