RSI(相対力指数)の使い方

RSIは、Relative Strength Indexの頭文字をとったもので、市場の過剰売買状態を見極めるのに使うストキャスティックスと似ています。これも0~100のスケールで変動し、一般的には30以下が過剰売りそして70以上が過剰買いの状態を表します。

5-elementary-05-img01.png

RSIを使ったトレード法 - How to Trade Using RSI

RSIはストキャスティックスと同じように使われます。
市場が過剰買いあるいは過剰売りの状態かどうか次第で、トップおよびボトムをとるために利用できます。

下記はEUR/USDの4時間チャートです。

5-elementary-05-img02.png

EUR/USDは、2週間にわたって約400pipsも下降したのが分かります。

6月7日には、価格が1.2000を下回っています。しかし、RSIは30以下に落ち、市場に売り手がいないかもしれないこと、そして下降の動きが終わることを示しています。その通りに、価格は反転し数週間にわたって上昇し続けていました。

RSIを使ったトレンド判断 - Determining the Trend using RSI

RSIは、トレンドの形成を確認するためにも使われる評判の良いツールです。
トレンドが形成されていると思ったら、RSIをチェックし50以上なのか50以下なのか確認しましょう。

可能性を秘めた上昇トレンドが見受けられれば、RSIが50以上であることを確認し、可能性を秘めた下降トレンドが見受けられれば、RSIが50以下であることを確認しましょう。

5-elementary-05-img03.png

このチャートで、下降トレンドが形成されているのを確認できます。見せかけのアウトを避けるため、RSIが50以下に交わるのを待ってトレンドを確認しましょう。確実に50以下になった事を確認した段階で、下降トレンドが実際に形成されたことが分かります。