計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

FXで最高のテクニカル指標は?

FXで最高のテクニカル指標は何ですか?

それでは、各テクニカル指標は、それ自体でどれだけの収益性があるでしょうか。 これらの指標が、時間の経過とともに収益性の低いシグナルを生成するのであれば、それはあなたのニーズを満たすための方法ではないと言えます。
すべてのテクニカル指標の有効性を比較するために、過去5年間、各指標を個別にバックテストをすることにしました。
外国為替ロボットRobopipの専門知識であるバックテストは、過去の価格行動に対して指標のパラメータを遡及にテストすることができます。これについては今後さらに詳しく学ぶことになるでしょう。

次にまとめたバックテストに使用したパラメータを見て見ましょう。

インジケーターパラメータールール
ボリンジャー・バンド(30,2,2)1日の終値が下限値を下回ったときに、カバーをかけてロングに入ります。 毎日の終値が上限バンドを超えると、カバーしてショートに入ります。
MACD(12,26,9)MACD1(速い)がMACD2(遅い)の上を横切ったら、 カバーしてロングに入ります。 MACD1がMACD2の下を横切ったらカバーしてショートに入ります。
パラボリック SAR(.02,.02,.2)1日の終値がParSARを超えると、カバーしてロングに入ります。 1日の終値がParSARを下回ったときに、カバーしてショートに入ります。
ストキャスティクス(14,3,3)Stoch%が20を超えると、カバーしてロングに入ります。 Stoch%が80を下回ったらカバーしてショートに入ります 。
RSI(9)RSIが30を超えるときにカバーしてロングに入ります。 RSIが70を下回ったらカバーしてショートに入ります。
一目均衡表(9,26,52,1)コンバージョンラインがベースラインを超えると、カバーしてロング に入ります。コンバージョンラインがベースラインを下回ったときに カバーしてショートに入ります。

これらのパラメータを使用して、過去5年間の毎日のEUR /USDの時間枠で各テクニカル指標を独自にテストしました。
一度の取引ロット数は1ロット(つまり10万通貨)です。

新しいシグナルが表示されたら、カバーして位置を切り替え、損失や利益ポイントを取ります。これは、インディケータが売るように指示したときに最初にロングポジションを持っていた場合、新しいショートポジションをカバーして確立することを意味します。
<br style="word-break: normal !important;"

また、(レバレッジのレッスンで提案されているように)資本が十分にあると仮定し、10万ドルの残高の例から始めました。
各戦略の実際の利益と損失の他に、獲得/損失した合計ピップスと最大ドローダウンを含めました。
繰り返しになりますが、ストップロスを設定せずに替取引をおこなう事はお薦めしません。これは単なる説明用です。

バックテストの結果を見てみましょう。

StrategyNumber of TradesP/L in PipsP/L in %Max Drawdown
Buy And Hold1-3,416.66-3.4225.44
Bollinger Bands20-19,535.97-19.5437.99
MACD1103,937.673.9427.55
Parabolic SAR128-9,746.29-9.7521.96
Stochastic74-20,716.40-20.7230.64
RSI8-18,716.69-18.7234.57
Ichimoku Kinko Hyo5330,341.2230.3419.51

このデータによると、過去5年間で最も優れた業績を上げたのは一目均衡表の指標です。
総利益は30,341ドル、つまり30.35%でした。
驚くべきことに、残りのテクニカル指標ははるかに収益性が低く、ストキャスティック指標はマイナス20.72%のリターンを示しています。
さらに、すべての指標は20%から30%の大幅な低下をもたらしました。
しかし、これは「一目均衡表」指標が最善であるという意味でも、テクニカル指標全体としては意味がない訳でもありません。
外国為替取引を成功させるためには、トレーダーとして手元にあるツールの使い方と組み合わせ方を学ぶ必要があります。

次のレッスンに進みましょう。