計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

ADX(平均方向指数)の使い方

ADX(平均方向指数)の使い方

ADXはAverage Directional Indexの頭文字をとったもので、オシレーター指標の一つです。
0~100のスケールで変動し、20以下は非力なトレンドそして50以上は強力なトレンドを指し示します。

ストキャスティックスとは違い、ADXではトレンドが弱気なのかそれとも強気なのかどうかは判断できません。むしろ、単に現状のトレンドの強さを測るものです。そのせいで、ADXは一般的に市場が横ばいなのかそれとも新しいトレンドを形成しているのかを見極めるために使用されます。

5-elementary-06-img01.png

この初めの例として、ADXは9月末~12月上旬まで20以下で横ばいしているのがわかります。EUR/CHFペアはレンジに捕まってしまいました。1月初旬から、ADXは50以上まで上がり、強力なトレンドが待ち構えていることを示しています。EUR/CHFはレンジの下でブレイクし、400pipsほどの動きの強力な下降トレンドが見受けられました。

5-elementary-06-img02.png

最初の例と同じように、ADXはしばらくの間20以下で横ばいになっています。このときEUR/CHF価格自体も大きなトレンドは見せていません。そのあとすぐ、ADXが50以上まで上がり、EUR/CHFはレンジのトップでブレイクしました。
そして、300pipsも動く強力な上昇トレンドが生じることになりました。

ADXを使うにあたって問題があるとすれば、買いか売りかを正確には教えてくれないということです。
ADXで分かるのは、進行中のトレンドに乗ってもいいのかです。

ADXが50以下まで下降し始めると、トレンドは弱まり始めて利益確定には良いタイミングだということです。

ADXを使ったトレード法

ADXを使ってトレードするには、買いか売りかを決める前にまずブレイクアウトを待ちます。
ADXは現状のトレンドのまま価格は動くのかどうかの確認として使われます。

ADXを別のインジケーターと連携させることもできます。特に下降または上昇トレンドで進むかどうかを示してくれるものと連携できます。

ADXはまたポジションを早くクローズするべきときの判断としても使われます。

例えば、ADXが50以下まで下降し始めると、現行のトレンドが勢いを失っていることを表します。
その後、レートは恐らく横ばいに動くと予想できるので、それが起こる前に利益を確定するためクローズするのがいいでしょう。