3つのチャートパターン

3つのチャートパターン

このパートでは、どのようにチャートパターンを上手に活用するかについて説明します。
ツールのコンセプトを知るだけでは足りないので、活用の仕方までマスターする必要があります。これらを武器に早く利益を上げられるようになりましょう。

今まで学んできたチャートパターンをまとめて、シグナル別に分類します。

反転シグナルのチャートパターン Reversal Chart Patterns

進行中のトレンドが逆方向に動き始めることを合図する反転パターンは下記の通りです。

上昇トレンドで反転パターンが生じると、トレンドが逆転し価格はすぐに下降し始めます。対照的に、下降トレンド中に反転パターンが見受けられると、後で価格が上昇することを指しています。

このレッスンでは、反転シグナルを示す下記6つのチャートパターンを見てきました。

1. ダブルトップ-  Double Top
2. ダブルボトム-  Double Bottom
3. ヘッドアンドショルダー- Head and Shoulders
4. 逆ヘッドアンドショルダー- Inverse Head and Shoulders
5. ライジング・ウェッジ- Rising Wedge
6. フォーリング・ウェッジ-  Falling Wedge

2-middleschool-08-img01.png

これらのチャートパターンを活用するには、ネックラインを越えて新しいトレンドの方向に注文を入れます。利益確定ポイントはパターン形状の幅と同じくらい動いたところを見ておきましょう。
たとえば、ダブルボトムを確認したらネックラインの上で買い注文を入れます。それからボトムからネックラインまでの縦幅と同じくらいの距離に利益確定ポイントを確認します。
適切なリスク管理のためには、損切り注文を入れることが重要です。合理的なポイントとしてチャート形状の中間位に設定するのがいいかもしれません。
たとえば、ネックラインからダブルボトムの幅を測って、それを半分にしたものを損切り注文に利用します。

継続シグナルのチャートパターン- - Continuation Chart Patterns

継続シグナルのパターンは進行中のトレンドが再び始まることを合図してくれるチャート形状です。
これは先行のトレンドと同じ方向に動き出す前に買い手と売り手が一息ついている状態です。横ばいパターンでもあります。
ウェッジ、レクタングル、それからペナントといくつか継続シグナルのパターンを説明してきました。ウェッジは、トレンド次第で反転もしくは継続のどちらかのシグナルとして利用されることを覚えておきましょう。

2-middleschool-08-img02.png

これらのパターンを活用するには、現行のトレンド方向に形状よりも上あるいは下に注文を入れます。ウェッジとレクタングルの場合、少なくてもパターン形状と同じ大きさくらい離れたところで利益確定ポイントをとりましょう。
ペナントの場合、もう少し高く狙えるのでペナントのマスト(形状を形成する前の動き)の幅くらいだと考えましょう。
継続シグナルのパターンでは損切り注文を実際の形状のすぐ上あるいは下で設定します。
例でいうと、弱気のレクタングルを利用する際にはレクタングル上部のレジスタンスレベルから上に数pips離れたところで損切り注文をいれるのがいいということです。

両側シグナルのチャートパターン- Bilateral Chart Patterns

両側のどちらかに動くことを合図するので、少し複雑なパターンです。
トライアングル形状が生じ、トライアングルを元に上向きあるいは下向きのどちらかに価格が抜けるということです。

2-middleschool-08-img03.png

このパターンを活用するには、基本的には上昇か下降の2つのシナリオを考慮しましょう。そして、形状の上に一つ注文して、別に形状の下にも注文を入れても良いでしょう。
片方の注文が確定すると、もう一つの注文をキャンセルします。
唯一の問題は、エントリー注文が形状の上部か下部に近すぎると見せかけのブレイクにはまる可能性があるということです。
慎重になって、損切り注文も忘れないようにしましょう。