計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

一目均衡表

一目均衡表

Ichimoku Kinko Hyoは、一目山人氏が開発した日本のテクニカル分析です。これは今後の価格のはずみを正確に測ってサポートとレジスタンス区間を判断するのに利用されるインジケーターです。また、主に日本円通貨ペアに使われることを頭に入れておきましょう。

ichimokuは”一見、一目”、kinkoは”均衡”という意味です。それから、hyoというのはチャートのことです。英語でもそのままのローマ字表記でIchimoku Kinko Hyoと呼ばれています。日本語では漢字表記で一目均衡表として知られています。

果たしてどういうものなのか、チャートを見ながら説明していきます。

5-elementary-07-img01.png

上記のチャートを見るだけでは分かりにくいと思うので、各々の線について少し説明します。

Kijun Sen (青の線) : 基準線、もしくはスタンダードライン/ベースラインとも呼ばれます。過去26期の間における最も高い高値と最も低い安値を平均したものです。

Tenkan Sen (赤の線) : ターニングライン(転換線)としても知られていて、過去9期の間における最高値と最低値を平均したものです。

Chikou Span (緑の線) : 当日の終値を26期遅行させたものです。

Senkou Span (オレンジの線) : 第一の先行スパンは転換線と基準線の平均を26期先行させたものです。そして、第二の先行スパンは過去52期における最高値と52期における最安値の平均を26期先行させたものです。

5-elementary-07-img02.png

各々の線がどのように計算されるのかはあまり覚える必要はありません。それより重要なのは、これらの線をどう分析していくかです。

一目均衡表を使ったトレード法 - How to Trade Using Ichimoku Kinyo Hyo

まず先行スパンについて見ていきましょう。

価格が先行スパンより上にある場合は、上部の線が第一のサポートレベル、そして下部の線が第二のサポートレベルとして働きます。

対照的に、価格が先行スパンよりも下にある場合には下部の線が第一のレジスタンスレベル、そして上部の線が第二のレジスタンスレベルを形成します。

その一方で、基準線は今後の価格の動きを表すインジケーターとして使われます。
価格が基準線より高ければさらに上昇し続け、基準線より低ければ逆に下降し続けると予想できます。

転換線は市場トレンドのインジケーターです。
転換線が上下どちらかに向かって動いていれば、市場はトレンドを形成していることを指します。水平に動いていれば、市場は横ばいトレンドということです。

最後に遅行スパン(緑の線)ですが、これが下から上に動いて価格と交われば買いのシグナルということになります。
逆に上から下に動いて価格と交わったときには売りのシグナルということになります。

チャートに上記のいくつかの情報を入れたので、もう一度確認してみましょう。

5-elementary-07-img03.png

初めは複雑に見えたと思いますが、もう一度よく見るといろいろな情報が見れる素晴らしいツールということが分かるでしょう。
いろいろなインジケーターを見てきましたが、今度はまとめて確認していきましょう。