レンジ取引におけるピボットポイントの活用法

レンジ取引におけるピボットポイントの活用法

FXトレードでピボットポイントを使うのに最も簡単な方法は、通常のサポートとレジスタンスレベルの様に扱って利用することです。
レートがピボットレベルに触れ反転する回数が多ければ多いほど、レベルも強力になります。実際には、”ピボット”とはサポートあるいはレジスタンスレベルに到達してから反転することをいいます。
ピボットレベルが持続していることが確認できると、良いトレードの機会がくる可能性が高いです。
価格が上部のレジスタンスレベルに近づくと、売り注文を入れてレジスタンスのすぐ上に逆指値注文を入れることが出来ます。
価格がサポートレベルに近づくと、買い注文を入れてそのレベルのすぐ下に逆指値注文を入れます。
通常のサポートとレジスタンスの様でしょう。何も難しいことはありません。
例を確認して、想像してみましょう。下記はGBP/USDの15分チャートです。

3-middleschool-03-img01.png

上記のチャートでは、価格がS1サポートレベルをテストしていると考えられます。このまま持続すると考えれば、買い注文を入れて次のサポートレベルを過ぎたところで損切り注文を入れましょう。
@ 保守的なスタイルであれば、損切り注文をS2のすぐ下に設定しましょう。価格がS2を超えたところに到達すると、S1とS2がレジスタンスレベルになりえるので価格が回復しない可能性があります。

自信をもってS1でサポートが持続すると考えるのなら、損切り注文をS1のすぐ下に設定しても良いです。
利益確定ポイントに関しては、PPあるいはR1をターゲットにするといいでしょう。買い注文を入れていたらどうなったのか確認しましょう。

3-middleschool-03-img02.png

S1はサポートとして進んでいました。それ以上に、PPにて利益確定を設定していたら、読み通り価格が到達していたということです。

もちろん、このように単純とは限りません。ピボットポイントだけに頼ったトレードはするべきではありません。ピボットレベルが前のサポートとレジスタンスレベルに並ぶかどうかを注意しておく必要があります。

また、核心をつくのにローソク分析やその他のインジケーターを統合させてもいいでしょう。

例えば、もしS1の上に同時が生じたこと、もしくはストキャスティックスが過剰売り状態を示していることを確認できれば、S1がサポートとして続くという可能性が高まります。

さらには、ほとんどの場合トレードは第一サポートとレジスタンスレベルの間で行われます。時々価格が第二そして第三のレベルまでテストすることもあるでしょう。

そして最後に十分理解しておきたいのは、時々価格は全てのレベルを抜けることがあるということです。

次のレッスンでは、レベルがブレイクダウンする際にどうやって利益を得るのかを説明します。