計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

ボリンジャーバンド活用法

ここからはインジケーターについて学び、新しいツールとしてあなたのFXツールボックスに追加しましょう。

ボリンジャーバンド - Bollinger Bands

ボリンジャーバンドとは、John Bollingerによって開発されたチャートインジケーターで市場の変動性を測るために使われるツールです。

基本的に、市場があまり動きがない状態なのか、それとも値動きが活発な状態なのかを教えてくれるツールです。
市場があまり動きがない状態の時は、バンドは収縮して、市場の値動きが活発な状態の時にはバンドが拡大します。

下記のチャートを確認すると値動きが穏やかなときにはバンドが収縮して近づいています。
反対に価格が一気に上昇したときにはバンドは拡大し幅が広がっています。

5-elementary-01-img01.png

ボリンジャーバウンス- The Bollinger Bounce

ボリンジャーバンドについて知っておくべきことの一つが、価格はバンドの中間に戻る傾向があるということです。
これがボリンジャーバウンスの理論です。下記のチャートを見て、次に価格がどこに動くか分かるでしょうか?

5-elementary-01-img02.png

下に動くと読んだのなら、正解です。見ての通り、価格はバンドの中間に向かって下降し始めました。

5-elementary-01-img03.png

これは典型的なボリンジャーバウンスの例です。バウンスが起こった理由は、ボリンジャーバンド自体が動的にサポートとレジスタンスレベルとして機能するからです。

時間枠が長ければ長いほど、これらのバンドはより強力になる傾向があります。多くのトレーダーはバウンスを活用できるシステムを開発してきました。この戦略は、市場が動いているのと同時にはっきりとしたトレンドがないときに使えるものです。

市場にトレンドが見受けられる時のボリンジャーバンドの使い方を見てみましょう。

ボリンジャースクイーズ- Bollinger Squeeze

ボリンジャースクイーズは、かなり明白なものです。バンドがともに押し入ってくれば、通常ブレイクアウトがいつでも起こり得る状態になっていることを意味します。

ローソク足が上部のバンドより上でブレイクアウトした場合、価格の動きは大抵上がり続けます。
逆に、ローソク足が下部のバンドより下でブレイクアウトしたときには価格は下がり続けます。

5-elementary-01-img04.png

上記のチャートを見れば分かるように、バンドが共に押し入っています。価格は上部のバンドでブレイクアウトし始めました。
この後、価格はどこに向かうと思いますか?

5-elementary-01-img05.png

上昇すると読んだなら、正解です。

これも典型的なボリンジャースクイーズ です。

この戦略は出来るだけ早く動きに乗れるように設計されたものです。これらの設定は毎日起こることではありませんが、15分チャートを見ているのであれば週に2、3度ほど見つけることがあると思います。

ボリンジャーバンドで出来ることがまだ他にもたくさんありますが、上記の2つが最もよく使われる戦略です。
次のレッスンで紹介するインジケーターはMACDというものです。