計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

ペナントの取引方法

ペナントの取引方法

弱気のペナント  - Bearish Pennants

レクタングルと同様に、ペナントも強力な動きの後に形成される継続を示すパターンです。

大きな上昇・下降トレンドの後、買い手もしくは売り手は現行のトレンドと同じ方向に別のポジションをとる前に、一息つく傾向があります。このせいで、価格は普通横ばいに動き対称的なトライアングルを形成します。これをペナントと呼びます。

価格が横ばいに動いている間、より多くの買い手・売り手は強力な動きに飛び乗ることになるでしょう。これが影響して価格がペナントから抜けます。

弱気のペナントはほぼ垂直でかなり勾配な下降トレンドで形成されます。価格の急降下があると、ポジションを決済するトレーダーも出てきます。その一方でトレンドに乗るかどうか決めているトレーダーもいます。これが市場を横ばい状態にさせています。

2-middleschool-06-img01.png

十分な数の売り手が飛び入ってくるとすぐに、価格はペナント下部を抜けてさらに下降し続けます。

2-middleschool-06-img02.png

見て分かるように、価格が下へブレイクアウトした後に再び下降し始めました。このチャートパターンを利用するためには、ペナント下部に売り注文を入れて、ペナントより上に損切り注文を入れます。そうすれば、ブレイクが見せかけだった場合にすぐさまトレードから外れることができます。

他のチャートパターンと違って、ペナントは遥かに強力な動きを合図してくれます。だからペナントを抜けた後の動きがパターンの形状幅と同じということではありません。一般的にペナントパターンでは、ペナントに入る前の動きの幅を参考にブレイクアウトの動きの幅を予測します。

強気のペナント-  Bullish Pennant

強気のペナントは、名の通り買い手がまた市場に飛び入ろうとしていることの合図です。これは、しばらくの横ばいがあってから価格が再び急上昇し始めるということを意味し、強気の買い手が集まって再度価格が上がるということです。
2-middleschool-06-img03.png

この例では、市場が一息つく前に価格はほぼ垂直に急上昇しています。買い手市場がもう一度活性化することが予想できます

2-middleschool-06-img04.png

予想した通り、ブレイクアウト後に価格は再度強力な上昇を見せました。これを活用するには、ペナントより上で買い注文を入れ、見せかけのブレイクアウト対策としてペナント下部よりも下に損切り注文を入れます。先ほども触れましたが、ブレイクアウトの動き幅はペナント前のマスト幅くらいになるでしょう。