計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

ブレイクアウトを狙ったレクタングルチャートパターンの取引方法

ブレイクアウトを狙ったレクタングルチャートパターンの取引方法

レクタングルは平行なサポートとレジスタンス線で価格が囲まれている状態で形成されるチャートパターンです。
レクタングルは、横ばいあるいは売り手・買い手間の不決断の期間を表します。
価格は、最終的にブレイクアウトする前にサポートおよびレジスタンスレベルを数回”テスト”します。そこからブレイクアウトした方向にトレンドを形成することになります。

2-middleschool-05-img01.png

上記の例では、通貨の動きは2つの平行のレベルの中に収まっていることが考えられます。どちらかのレベルでブレイクするのを待ちましょう。ブレイクが確認できたら、トレンドを掴みましょう。一つ覚えておくことは、既成概念にとらわれずに考えることです。

弱気のレクタングル- Bearish Rectangle

弱気のレクタングルは、下降トレンド中に価格がしばらくの間横ばいに動いているときに生じるパターンです。売り手が注文を入れる前に一息ついているため、これが起こります。

2-middleschool-05-img02.png

この例は、価格がレクタングルパターンの下部から抜けて急降下したものです。サポートレベルの下で売り注文を入れていればかなり利益を得られていたでしょう。

2-middleschool-05-img03.png

ヒント: 通貨ペアがサポートの下まで下がれば、レクタングルパターンの縦幅と同じくらい動く傾向があります。例では理想利益確定ポイントを下回っても下降し続けているので、もっとpipsを稼げるチャンスです。

強気のレクタングル- Bullish Rectangle

レクタングルの別の例で、強気のレクタングルパターンを見ていきましょう。上昇トレンドの後、価格は横ばいに動き始めたこのとき価格はどの方向に向かうか予想できるでしょうか。

2-middleschool-05-img04.png

上向きと予想したのなら、正解です。どのようにブレイクアウトして動いたのか確認しましょう。

2-middleschool-05-img05.png

価格はレクタングルパターンの上部を抜けて、そのまま急上昇を遂げているのが確認できます。レジスタンスレベル上部で買い注文を入れておけば成功的なトレードでした。弱気のレクタングルパターンと同様、たいていブレイク後に最低でもレクタングルの縦幅程、動きます。