ピボットポイント まとめ

ピボットポイントを用いたトレードに役立つ秘訣を下記に整理しました。

- ピボットポイントは潜在的なサポートおよびレジスタンスエリアを判断するために使われるテクニックです。
- ピボットポイントを求めるには、主に4つの方法があります。
- 多くの通貨ペアは価格がレベル間で変動するので、ピボットはかなり役に立ちます。
 ほとんどの場合価格はR1とS1間を横ばいします。
- ピボットポイントはレンジ、ブレイクアウト、そしてトレンド手法に利用されます。
- レンジバウンドを狙うトレーダーは、サポートレベル付近で買いエントリー、レジスタンス付近では売りエントリーをします。

市場心理やトレンド重視のトレーダーは通貨ペアが強気か弱気かを判断するのにピボットポイントを使用します。

- ピボットポイントをうまく活用すると価格の動きが生じる可能性のあるエリアを見出し、市場の動きを見極められるようになります。
- ピボットポイント分析のみを行うだけでは十分とは限りません。
 ローソクパターン、MACDのクロスオーバー、移動平均線のクロスオーバー、ストキャスティックスやRSIなどの別のツールと一緒に
 使えるようになりましょう。確証が得られれば得られるほど、トレードが成功する可能性も大きくなります。