移動平均線とは

移動平均線とは

移動平均線(Moving Average)とは分析する際に使用されるテクニカル指標の中で、世界でも最も有名なツールです。移動平均線は、過去の一定期間の終値の平均値をつないだ線のことをいいます。
この線の見方はチャート上に表示した下のチャートから確認しましょう。

4-elementary-01-img01.png

インジケーター(方向指示器)と同じで、移動平均線はトレンドの読み解きや、将来の価格を予測するために使います。細かな動きに目を通すのではなく、チャート上の滑らかな曲線によって推移します。

移動平均線にもそれぞれ異なるタイプがあり、それら一つ一つが独自のスムーズ(滑らかさ)レベルを持っています。基本的に、曲線がスムーズなほど価格変動が遅くなります。

曲線が滑らかでなければそれだけ価格変動が早くなるということです。価格変動を滑らかにするためには長期間でチャートを見るしかありません。

さて、このレッスンでは2つのメジャーな移動平均線を紹介します。

1.単純移動平均線
2.指数移動平均線

また、移動平均線の計算方法も後ほど解説します。