計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

損切り注文のためのフィボナッチ

損切り注文をどこで入れるかを見極めることは、どこでエントリーや決済をするべきかを理解することと同じくらい重要です。

どこで決済すべきかという手がかりがない状態では、フィボナッチレベルに基づいてエントリーを行うことはできません。

このレッスンでは、フィボナッチレベルを利用すると決めたときに使える逆指値注文設定のテクニックを学びます。シンプルに逆指値注文も入れられます。各手法は理論的根拠に基づいたものです。

まず一つ目の方法は、次のフィボナッチレベルを過ぎたところで逆指値注文を設定することです。

38.2%フィボナッチレベルでエントリーしようとしていたのであれば、50.0%レベルを越えたところで逆指値注文を入れるようにします。もし50.0%レベルで停滞すると思ったら、61.8%レベルを越したところで逆指値を入れてみましょう。

フィボナッチ・リトレースメントのレッスンで見せたEUR/USDペアの4時間チャートを例として見てみましょう。

3-elementary-08-img01.png

50.0%レベルのところで売り注文を出したのであれば、損切り注文は61.8%レベルを越えたところで設定しておくことができます。

この逆指値注文方法の理論は、50.0%レベルがレジスタンスポイントだと予想したということです。従って、価格がこのポイントを越えて上昇するとすれば、その予想は外れたことになります。

フィボナッチ・リトレースメントレベルを越えたところで逆指値注文を入れるのは、サポートあるいはレジスタンス区間が停滞するという確信があるとも言えます。少し前に説明したように線ツールの利用は科学的な根拠があるものではありません。

市場は急上昇し、逆指値に触れて最終的には予想した方向に進むかもしれません。

こういったことが時々2、3回続けて起こったりもするということを理解しておきましょう。短期タイプのデイトレーダーにとってはこのタイプの指値注文法がベストです。

次に、少し安全にいきたいのであれば直近のスイングハイかスイングローを越えたところで逆指値注文を設定しましょう。

このタイプはトレードポジションを生かし、希望している方向に市場が動くチャンスをより可能にしてくれます。

3-elementary-08-img02.png

もし市場価格がスイングハイあるいはスイングローを通過するのであれば、トレンドの反転がすでに起きていることを指しているかもしれません。これは、トレードオープンまたは注文設定が無効になり、入るのが遅すぎたということを意味します。

より広範囲の損切り設定は、長期間タイプのスイングトレードには良い方法です。そして、これを”スケーリングイン (Scaling in)”手法に組み入れて利用できます。

もちろん、広範囲の逆指値注文でも、適宜にポジションサイズを調整するように覚えておきましょう。

ずっと同じポジションサイズで取引を行うと、特に早い段階のフィボナッチレベルでエントリーしている場合には、大きな損失を招くかもしれません。

またリワードとうまく釣り合っていない広範囲の逆指値のせいで、不利なリスクリワード率(損益率)に繋がることがあります。

結局のところ、どの方法が良いの?

損切りポイントを見極めるにはサポート・レジスタンス、トレンドライン、それからローソク足のツールの知識を活用して環境を分析するのが一番良いでしょう。

損切り注文設定の基準としてサポートおよびレジスタンスポイントのフィボナッチレベルだけに頼ることはできるだけ避けましょう。

損切り注文は確実なものではありませんが、複数のツールを合わせることでより良い決済ポイント、トレードを生かすスペース、リスクリワード率(損益率)に役に立つはずなので覚えておきましょう。