利益確定のためのフィボナッチ・エクステンション

次に紹介するフィボナッチはターゲットを見つけるために利用するものです。

迷いあるいは疑いがあるのなら、逃げ方を知っておくということを覚えておきましょう。下記では上昇トレンドの例から見ていきます。

一般的な考えとして、上昇トレンドではフィボナッチ・エクステンションレベルにおいて買い注文で利益を確定するということです。

まずは、著しく目立ったスイングローをクリックしカーソルを一番最近のスイングハイのところまでドラッグします。最後にカーソルを下にドラッグしてリトレースメントレベルをクリックします。

これでそれぞれのプライスエクステンションレベルが比率と価格とともに表示されます。

前回のレッスンで見せたUSD/CHFチャートをもう一度見てみましょう。

3-elementary-07-img01.png

サポートとしてフィボナッチレベル50.0%で保ち、3度のテストを繰り返し価格は上昇トレンドを形成しました。チャート上では、前のスイングハイよりも上に価格が確認できます。

利益を得るにはどこが良いポイントになるかということをチェックするのにフィボナッチエクステンションツールを使ってみましょう。


3-elementary-07-img02.png

下記はリトレースメントのスイングローが生じたときのまとめです。

- 価格が61.8%レベルまで回復し、前のスイングハイポイント近くまで到達
- 38.2%レベルまで戻り、サポートを形成
- また価格が回復して、100%レベルでレジスタンスを形成
- 数日後、161.8%レベルでレジスタンスを築き、再び価格が上昇

例から確認できるように、61.8%、100%、それから161.8%すべて利益ポイントでした。

次は、下降トレンドでのフィボナッチ・エクステンションレベルを使う例を見てみましょう。

一般的な考えとして、下降トレンドではフィボナッチ・エクステンションレベルにおいてサポートがよく見受けられるので売り注文で利益を確定するということです。

フィボナッチローソクのレッスンで紹介したEUR/USDの1時間チャート上の下降トレンドを確認してみましょう。

3-elementary-07-img03.png

ここでは61.8%フィボナッチレベルの下に同時を確認できます。売り手が再度飛び込んできたため価格が反転し、それがスイングローポイントまで価格を下げました。

61.8%リトレースメントレベルで売り注文を入れていた場合、どこが利益確定ポイントとして良いのかをフィボナッチ・エクステンションツールを用いて見てみましょう。
3-elementary-07-img04.png

フィボナッチ・リトレースメントレベルから価格が反転した後に何が起こったのでしょうか。

- 価格は38.2レベルでサポートを形成
- 第1のサポートとして50.0%レベルで停滞し、当初の支持として保持されていた50.0%レベルは、その後、関心エリアとして確立されます。
- 価格が急降下する前のスイングローポイントをテストする前に、61.8%レベルも同じく関心領域になる
- さらに先を見てみると、100%エクステンションレベル自体もサポートとして働いていることが確認できる

38.2%、50.0%、あるいは61.8%にて利益を得ていたでしょう。他のトレーダーたちも利益獲得に備えてこれらのレベルを注意して見ていたので、これが全てがサポートとして作動しました。

例では、価格が一フィボナッチ・エクステンションレベルで少なくとも一時的なサポートあるいはレジスタンスを察知することを示しています。ただ、必ずしもあてはまるということではありませんが、利益を確定したりリスクを管理するためにポジションを正しく調整するのには十分です。

もちろん、処理しておく問題もいくつかあります。

まず、どのフィボナッチ・エクステンションレベルがレジスタンスを形成するのかを正確に知る方法はないということです。これら全てのレベルはサポートまたはレジスタンスとして作動するかもしれないし、そうでないかもしれません。

もう一つの問題点は、フィボナッチ・エクステンションレベルを創るときどのスイングローから始めるのかを決めることです。

まず一つ目の方法は例で行ったように最後のスイングローから始めることです。そしてまた別の方法が、過去の30のバーのうち最も低いスイングローから始めることです。繰り返しになりますが、重要なのは、正しい方法が存在しないということです。これに関しては、訓練を重ねるとスイングポイントをうまく決めれるようになるでしょう。

フィボナッチ・エクステンションツールを利用するとき、自分の裁量で行わなければならなく、トレンドがどれくらい続くかということを判断しなければならなりません。後にトレンドの威力の判断に良い方法を教えます。 次は損切り注文設定について見てみましょう。