計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

下値支持線と上値抵抗線

下値支持線と上値抵抗線


市場が上昇や後退する際の下降直前の最高値を上値抵抗線(レジスタンス)と呼び、
市場が上向きに動き始めたときの最低値を下値支持線(サポート)といいます。
覚えておくべきことは、サポートとレジスタンスレベルは具体的な数値ではないということです。

これらの間違ったブレイクアウトを避けるべく、サポートやレジスタンスは具体的な数値ではなくむしろ区間として考える必要があります。

ローソク足チャートは極端に高い価格や低い価格も反映させる一方、線チャートは終値のみ表示する為、ローソク足チャートではなく線チャート上でサポートとレジスタンスを区分することが必要です。

また、価格がレジスタンスレベルを通過すれば、そのレジスタンスはサポートになる可能性があり、サポートレベルも同様に、サポートレベルがブレイクすればレジスタンスになる可能性があります。

トレンドライン

上昇トレンドラインはサポート区間の最下部(谷)に沿って描かれ、下降トレンドは、レジスタンス区間の最上部(山)に沿って線が引かれます。 トレンドには3つのタイプがあります。

1. 上昇トレンド (Uptrend)
2. 下降トレンド (Downtrend)
3. 水平トレンド (Sideways trends)

チャネル

上向きのチャネルを引くには、上昇ラインと同じ角度で平行線を引き始め、その線を下降トレンドになる直前で最も高値をつけた位置まで引きます。これはトレンドラインを描くのと同時に行いましょう。 反対に、下向きのチャネルを引くには、下降トレンドと同じ角度で平行線を引き始め、その線を最も安値をつけた位置(谷)まで引きます。これもトレンドラインと同時に行うことが効率的です。

チャネルには3つのタイプがあります。

1. 上昇チャネル (Ascending channel)
2. 下降チャネル (Descending channel)
3. 水平チャネル (Horizontal channel)

サポートとレジスタンスレベルを参考にした取引は、バウンス(bounce)とブレイク(break)の2種類の方法に分けられます。
バウンスを参考にトレードするとき、不利益を繰り返してサポート・レジスタンスが続くという確かな情報を得て、すぐに買い・売り注文を入れる代わりに、エントリーする前にバウンスが現れるか待ちましょう。これをすることで、価格が急速に動いてサポート・レジスタンスが途切れてしまう瞬間を避けることができます。