計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

フィボナッチ・リトレースメントの活用法2

フィボナッチ第一回目のレッスンでサポートとレジスタンスレベルは最終的にはブレイクすると言ったのを覚えていますか?フィボナッチもサポートとレジスタンスレベルを見つけるために使われるので同じことが言えます。

フィボナッチ・リトレースメントは必ずしも機能するとは限らないので、誰でも扱えるほど簡単なものではありません。ここではフィボナッチ・リトレースメントが失敗に終わる例を見ていきましょう。

下記はGBP/USDの4時間チャートです。

この通貨ペアは下降トレンドにあることがわかるので、良いエントリーポイントを見極めるためにフィボナッチ・リトレースメントを実行することに決めたことにします。画像のとおり、1.5383でスイングハイそして1.4799でスイングローをセットします。

また、50%レベルの辺りで価格の動きが失速していたことも確認できます。

ここで売り注文を入れてたらどうなるのでしょうか。

3-elementary-03-img01.png

このレベルで売り注文を入れていたら、適切にリスク管理をしなかった場合夢が煙のように消えるだけではなく、口座残高も深刻な状態になっていたでしょう。

何が起こったか見てみましょう。
3-elementary-03-img02.png

予想とは反して、スイングローが下降トレンドの最下部であったこと、そしてレートがスイングハイポイントまでも突き抜けて上昇したことがわかります。

ここでの教訓は下記の通りです。

フィボナッチ・リトレースメントが成功の確率を高める一方で、他のテクニカルツールのように必ずしも機能するとは限りません。傾向を再度成型する前に38.2%に戻るかどうかは分かりません。

時折、反転前に50.0%あるいは61.8%にあたるかもしれません。

一時的なサポートまたはレジスタンスを察知した後、必ずしも上昇トレンドが再び来るとは限りません。ただ、代わりに最近のスイングハイかスイングローを通過し続けることがあります。

フィボナッチ・リトレースメントツールを使用する際の別の問題で、スイングローかスイングハイのどちらを使用するかということがあります。

人それぞれチャートの見方が異なり、時間枠も違い、それからファンダメンタルの観点も違います。従って、スイングハイかスイングローポイントに関してもそれぞれ意見が異なってきます。

肝心なのは、特にチャート上の傾向が明瞭ではないとき、絶対的な方法は存在しないということです。推測のゲームになってしまうことがあります。

だから、スキルを磨いて、フィボナッチ・リトレースメントツールを別のツールと併用し使いこなして成功の確率を高める必要があります。

次のレッスンでは、違う形のサポート・レジスタンスレベルおよびローソク足と組み合わせたフィボナッチ・リトレースメントツールの使い方を学んでいきましょう。