計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

フィボナッチを利用したトレード

フィボナッチを利用したトレード

トレードでフィボナッチ比率は頻繁に使用することになるので、しっかり理解しておくことが重要です。フィボナッチは幅広い題材で、コンセプト自体も数多く存在します。ここでは、リトレースメント(retracement)とエクステンション(extension)の2つに絞って学んでいきましょう。

3-elementary-01-img01.png

フィボナッチという名称は人物の名前が由来で、レオナルド・フィボナッチというイタリアの数学者が発見した数学の法則”フィボナッチ数列”がフィボナッチにあたります。
フィボナッチは、宇宙にある自然界を描写する比率を生む簡単な数列を発見しました。この比率は次の数列から算出されます。
0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233…
0で始まり次に1に続き、それから前の数字である0+1で算出されます。”1”を3つ目の数字としてとります。4つ目の数字は、前の2つ目と3つ目の数字を足したもの (1 + 1)で2となります。
最初のいくつかの数字を除き、ある数字と次に続く数字の関係を見てみるとどの数字も続く数字の0.618倍になっています。(34 ÷ 55 = 0.618)
また、ある数字と2つあとの数字を比べると別の法則があり、どの数字も2つ後の数字の0.382倍になります。
(34 ÷ 89 = 0.382)
これらの比率は”黄金比”と呼ばれています。これらの数字が重要になってくるので、とにかく理解しておかなければならない比率です。
では、本題に入っていきましょう。

フィボナッチ・リトレースメント レベル (Fibonacci Retracement Levels)
フィボナッチリトレースメントとは、押しや戻しの比率のことをいいます。
0.236, 0.382, 0.500, 0.618, 0.764

フィボナッチ・エクステンション レベル (Fibonacci Extension Levels)
0, 0.382, 0.618, 1.000, 1.382, 1.618

これら全ての計算方法を知っておく必要はありません。チャートソフトウェアがすべて処理してくれます。フィボナッチ計算機のツールもオンラインで簡単に見つけられるはずです。しかし、指標の裏で動く基本的な理論については理解しておくほうがいいでしょう。
潜在的なサポート・レジスタンスエリアとしてフィボナッチ・リトレースメントレベルを利用します。多くのトレーダーが同じレベルを見て取引注文を入れるため、サポートとレジスタンスレベルは自己実現的な予言になります。
フィボナッチ・エクステンションについては、利益確定レベルとして利用します。上記と同じように、かなり多くのトレーダーがこのレベルを確認しているので、このツールもたいてい自己実現的な期待によって機能する傾向です。
ほとんどのチャートソフトには、これら2つのフィボナッチツールが入っています。フィボナッチレベルをチャートに適用させるには、スイングハイとスイングローポイントを見つける必要があります。

スイングハイ (Swing High) : 両側に最低2つのより低い高値をもったローソク足

スイングロー (Swing Low) : 両側に最低2つのより高い安値をもったローソク足

難しくても心配はいりません。この後、もっと詳しくリトレースメントとエクステンションについて説明をします。何よりも、フィボナッチツールを使ってどうpipsを稼いでいくのかについて見ていきましょう。