トリプルローソク足の種類・パターン

2-elementary-06-img01.png


Evening Star(三川明けの明星)とMorning Star(三川宵の明星)

Morning Starと Evening Starは「十字線」といい、トレンドの最後に見ることができます。
これらは反転パターンを持っており3つの特性があります。
右側の図のEvening Starを例としてみてみると以下の通り理解できます。

1.最初のローソク足は弱気ローソクで、上昇トレンドの一部です。
2.2番目のローソク足は小さな実体で、市場内で不決断の現れが見えます。
これだけでは、弱気か強気かの判断はできません。
3.3番目のローソク足は反転の位置を待ちます。最初のローソクと同じ位置に近づいています。

赤三兵と黒三兵
2-elementary-06-img02.png

赤三兵とは、下落局面において陽線が画像のように3つ並び、その後上昇していく例です。下落していたトレンドから一転上昇へと進んでいく始まりを表すこともあります。
このパターンを確立するには、2番目のローソク足が最初のローソクより大きくなければなりません。また、2番目のローソク足が高い方の近くで閉じなければならず、上ヒゲが無いか短いことが前提となります。
黒三兵とは上昇局面において、この陰線が画像のように3本並んで出てくると、その後下落する可能性があるといわれています。売りが徐々に出始めている状態となり、上昇の終りのサインとなる場合もあります。
このパターンが確立するには、2番目のローソク足が最初のローソク足より大きくなければなりません。そして、3番目のローソク足が2番目よりも大きいか、さらにその下ヒゲが短い、もしくはないことが前提です。

スリーインサイドアップ・ダウン

スリーインサイドアップローソク足はトレンドの反転パターンで形成されており、よく下落トレンドの底で見られています。このトリプルローソク足パターンは下落トレンドの終りをさしており、新しいトレンドが始まることを示しています。
このスリーインサイドアップpローソク足が成り立つのは以下の内容が見られるときです。

1. 最初のローソク足は下落トレンドの底にあり、長くて降下気味なローソク足の特徴を持っていること。
2. 2番目のローソク足の長さが最初のローソク足の長さの半分まで到達していること。
3. 3番目のローソク足が最初のローソク足よりも高い位置にあり、上昇トレンドに向かっていること。

逆に、スリーインサイドダウンローソク足の場合、上昇トレンドの上端で形成されます。このパターンは上昇トレンドの終わりを指しており、新しい下落トレンドが始まることを示しています。

このスリーインサイドダウンローソク足が成り立つのは以下の内容が見られるときです。

1. 最初のローソク足はトレンドの上端にあり、長くて降下気味なローソク足の特徴を持っていること。
2. 2番目のローソク足の長さが最初のローソク足の長さの半分まで到達していること。
3. 3番目のローソク足が最初のローソク足よりも低い位置にあり、下落トレンドに向かっていること。