デュアルローソク足の種類・パターン

2-elementary-05-img01.png


ブリッシュ・エンガルフィング・パターン(Bullish Engulfing Pattern)は、いわゆる強気の包み足です。Engulfとは「包み込む」という意味で、2つのローソク足パターンから価格が大きく変動することを予測できます。この論理は、弱気なローソク足の後に大きな強気のローソク足が現れた時に使われます。

2つ目は、強気のローソクが弱気なローソク足を巻き込んでおり、これは、買い手が低迷期間や降下気味な時に動きを強くしてくれるということです。

一方、Bearish Engulfing PatternはBullish Patternの反対で、このタイプのローソク足パターンは弱気なローソクを強気なローソク足が巻き込むことを言います。これは売り手が買い手より先手を打っている状態で、大きな価格変動が予想されます。

Tweezer Bottoms and Tops(毛抜き底と毛抜き天井)

このTweezersはデュアルローソク足反転パターン(Dual Candlestick reversalpattern)です。このローソク足パターンは通常反転が近い間に起こることを意味します。ローソク足の形がちょうどピンセットのように見えることから、英語では「Tweezer(毛抜き)」と呼ばれています。

2-elementary-05-img02.png

最も効果的なピンセットの特徴は次の通りです。

- 左側のローソク足は全体的な傾向(トレンド)と同じです。価格が上昇している場合は、そのローソク足は弱気 だと判断できます。
- 右側のローソクは全体的な傾向(トレンド)の反対です。もし価格が上昇している場合の右側のローソクは 強気だと判断できます。
- 両方のローソク足のヒゲの長さ、Tweezer(ピンセット)の先端およびTweezer(ピンセット)の底の長さ、すべて同じです。