シングルローソク足の種類・パターン

シングルローソク足の種類・パターン

買い相場や売り相場に現れるローソク足はある程度パターンが決まっているため、見分けられるようにしておくと今後大いに役立つでしょう。
それでは、基本的な4つのパターンを見ていきましょう。

下影線

この線は下記イメージのようにハンマーのような形をしています。上ヒゲがないか、上ヒゲが下ヒゲよりも短いです。黒い方は下影陰線、白い方は下影陽線といいます。

2-elementary-04-img01.png

この下影線は上昇傾向の反転パターンで、青く丸印されている箇所のように、取引の流れのターニングポイントになる傾向があります。左側の画像の白い(画像では青)下影陽線はハンマーで打ったように凹んで見えるため、「ハンマー」と呼ばれています。

価格が降下している時にハンマーシグナルが現れたら底まで到着寸前でまた上昇すると考えられています。だからといって、降下傾向の時にこのハンマーシグナルを見て、買い取引をするのは危険です。安全な取引方法としてそのハンマーシグナルが出たらどの方向に動くか様子を見ながら判断する方が良いでしょう。

下影線の認識基準:

- 長いヒゲは実体よりも2,3倍の長さである
- 短い、または上ヒゲがない
- 実体は取引範囲の上限位置にある
- 実体の色はあまり重要ではない

ハンマー(Hanging Man)は下降傾向のパターンの可能性が高く、トップまたは強い抵抗レベルをマークすることもできます。
価格が上昇中であれば、売り手が買い手よりも上回っているからです。下影陰線では、売り手が価格を下げています。 ここから分かることは買い手不足のため価格が上がらない傾向だということです。

上影線の認識基準:

- 長い上ヒゲは実体の2,3倍の長さである
- 短い、または下ヒゲがない
- 実体はTraing Rangeの下限位置にある
- 実体の色はあまり重要ではないが、黒い実体は白い実体よりも降下傾向がある。

上影線

下ヒゲがないか、または上ヒゲよりも短い場合です。黒い方は上影陰線、白い方は上影陽線といいます。

2-elementary-04-img02.png

上影陽線(Inverted Hammer)はトレンドが降下した時に現れると、ここをターニングポイントとしてまた上昇すると言われています。 この shooting starは、価格が上昇した時に現れ、ここをターニングポイントとして価格が下落すると言われています。
ここで分かるのは、買い手が価格を押し上げようとしたが売り手に先取られたということです。