3種類のFXチャートとその読み方

3種類のFXチャートとその読み方

FXチャートの中でも最も利用される3つのタイプを確認しましょう。
1. Line chart - ラインチャート
2. Bar chart - バーチャート
3. Candlestick chart - ローソク足チャート

Line Charts- ラインチャート

シンプルなラインチャートは終値(時間軸の取引終了時の価格)を繋ぐものです。線が繋がったときに、特定の期間における
通貨ペア価格の動きが確認できます。
これがEUR/USDのラインチャートの例です。

Bar Charts- バーチャート

バーチャートはラインチャートよりも少し複雑です。始値・終値だけではなく、高値・安値も表示してくれます。垂直線の最下部は特定の期間における最安値を表します。逆に、最上部は最高値を表しています。 この垂直線は全体として通貨ペアのレンジを指しています。水平方向の短い線は始値と終値です。 左に位置するのが始値で、右が終値です。下記がEUR/USDバーチャートの例です。

これから”Bar- バー”という単語が頻出します。これはチャート上の単一のデータのことを指します。バーは、1時間、1日あるいは
1週間といった単純な時間軸の区切りです。

バーチャートはまた、”OHLC”チャートとも呼ばれます。OHLCのアルファベットはそれぞれ、O- Open(始値)、H- High(高値)、L- Low(安値)、そしてC- Close(終値)を意味します。下記が価格のバーの例です。

Open: 始値を表す左に位置する水平の線
High: 特定の期間における最も高い価格を表す垂直の線
Low: 特定の期間における最も低い価格を表す垂直の線
Close: 終値を表す右に位置する水平の線

Candlesticks Charts- ローソク足チャート

ローソク足チャートは、視覚的に見やすい形式でバーチャートと同一の情報を表示します。
バーチャートと同様に、垂直の線で安値から高値を示します。
しかし、ローソク足チャートでは中間に形成される四角のブロックが始値と終値を表します。中間のブロックが色で埋められていれば、
対象のペアの価格は始値よりも低い位置で終値がついたことを意味します。
下記の例では、ブロックは黒色で塗りつぶされています。ブロックの最上部が始値で、最下部が終値を表します。終値が始値よりも
高ければ、この中間のブロックは白色で表示されるか、塗りつぶされていない状態です。

ここでは、カラーで表示したものを例として見てみましょう。上記の白(塗りつぶしなし)を緑に、黒(塗りつぶし)を赤にします。終値が始値よりも高ければ緑のローソクが形成されます。反対に、終値が始値よりも低ければ赤のローソクができます。

以下はEUR/USDローソク足チャートの例です。白黒よりも見やすいと思います。

バーチャートと全く同じ情報が表示されるため、ローソク足チャートを使う目的は視覚的な効果のためです。ローソク足チャートの
メリットは下記の通りです。

- ローソク足チャートは分析しやすく、ビギナーがFXチャート分析を始めるのに適しています。
- バーに含まれる使いやすい情報を瞬時に把握することができます。その上、視覚的効果は学習効果も上昇させると言われており、
トレードにもそれがあてはまるかもしれません。
- ローソク足とそのパターンは”シューティングスター”のような独特な名称が使おり、パターンの種類も覚えやすくなります。
- ローソク足チャートは市場の転換ポイントを見極めるのに便利です。(上昇トレンドから下降へなどの転換ポイント)

多くの場合このローソク足チャートが使用されます。