計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析は、経済、社会、政治などの資産供給と需要に影響をもたらす環境要素を分析することによってFX市場を
把握する方法です。実際にはセンスや勘に頼る部分も多いです。経済学の基本知識の授業のように供給と需要が価格を決めると
いうことです。FX市場の場合は為替レートということになります。
価格の方向をインジケーターとして供給と需要を分関するのは簡単ですが、難しいのは供給と需要に影響を与える全要素を
分析するという点です。 言い換えれば、どの国の経済が好況で、どこが不況だというような色々な要素を見て行かなければならないと
いうことです。ある出来事が、どのように経済および金融政策に影響を及ぼすのかということを理解する必要があります。
例えば、失業率の上昇がなぜ経済や金融政策に影響し、また最終的には通貨の需要までにも関わるのかということです。
このタイプの分析では、ある国の現状および将来の経済の見通しを良いとした場合、その国の通貨の価値は上がるはずです。国の
経済が良好であればあるほど、外資事業や投資家がその国に投資し、その国の通貨を購入をすることになります。 簡潔に言えば、
下記がファンダメンタル分析の考えです。

例として、アメリカ経済の改善を背景にUSドルの価値が上がってきているとします。経済が良くなるにつれ、成長とインフレーションを
抑制するために金利率を上げる対策が必要となるかもしれません。

高金利のせいで、USドルの金融資産はより魅力的なものになります。USドルの金融資産を手に入れるためには投資家はまず
ドル紙幣を購入しなければならなりません。結果としてUSドルの価値がさらに上がることになります。

このコースでは後に、どういった経済データが通貨価格を動かし、なぜそうなるのかについても学んでいきます。また、Fed Chairmanが誰なのか、小売り産業の売上データがどのように経済に反映されていくのかも学ぶことになります。ここではとりあえず、ファンダメンタル
分析が国の経済の見通しから通貨の動きを分析する方法であることを理解しましょう。