計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

テクニカル分析

テクニカル分析

テクニカル分析はFXトレーダーが価格の動きを把握するためのフレームワークです。
この理論は、現時点までの価格の動きをもとに市場の現状と今後の動きを判断するというものです。

テクニカル分析において、主な根拠は理論的に現状の市場情報は価格に反映されているとします。もしそこにある情報が全て価格に
よって反映されるのであれば、価格行動がトレードに必要な全てのものと言ってもいいことになってしまいます。

“以前にあったことは繰り返される”ということ。基本的に言えば、これがテクニカル分析の本質です。過去に
価格水準が支持線(サポート)あるいは抵抗線(resistance)としての状態で持続していたのであれば、トレーダーはそこに注意して、
履歴にある価格水準を参考にして取引するでしょう。
テクニカルアナリストは過去に形成された同類のパターンを探しては、過去と同じように価格は動いていくという予想に基づいて
トレードアイデアを構成していきます。


為替取引の世界で、テクニカル分析と聞いてまず頭に浮かぶのはチャートです。テクニカルアナリストは過去のデータを視覚的に
すぐに確認できるチャートを使用します。

トレードの好機を掴みとるための価格変動の傾向およびパターンを探し出すために過去のデータをチェックします。

それ以上にテクニカル分析に頼る全てのトレーダーからすると、価格のパターンとインジケーター信号によって取引のタイミングが
取りやすくなります。

より多くのFXトレーダーがある価格水準とチャートパターンを見出そうとすればする程、このパターンは市場に現れることになります。

テクニカル分析はかなり主観的な判断になってしまうということを頭に入れておかなければなりません。AとBが全く同じ通貨チャートを
見ていたとしても、価格がどちらに動くかということに関しては同じ意見になるとは限らないからです。

重要なのは、テクニカル分析におけるコンセプトを理解しているかということです。そうすれば、フィボナッチ、ボリンジャーバンド、
ピボットポイントなどの話が出たときでも焦らずに済みます。