計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

どの分析がFX取引に最適か

どの分析がFX取引に最適か

まとめると、テクニカル分析はチャートの動きで為替価格の動きを研究するもので、ファンダメンタル分析は国の経済がどうなっているのかを見て分析するものです。
市場心理分析は、現在・未来のファンダメンタル見解において市場が上昇傾向なのか下落傾向なのかを決めるものです。
ファンダメンタルの要素は心理を形成し、テクニカル分析はその心理を視覚的に確認でき、トレード計画を立てるためのフレームワークとしても使えます。
もう一度、3つの分析タイプの重要さを強調するため、3つの柱でできた土台を考えてみましょう。柱を一本でも抜こうとすれば、
揺れて倒れてしまいます。それだけ、それぞれの柱(一つの分析)が重要だということです。

真のFXマスターになるためには、これら3つの分析タイプを効果的に使用する方法を知っておく必要があります。一つのタイプしか
注力せずに大失敗に繋がった例を見てみましょう。
- チャートを見ていると未だかつてないGBP/USDのトレードの好機を見つけました。
- GBP/USD買い注文を入れます。
- しかし突然、逆方向に100pips分の動きを見せます。イギリスの主要銀行の一つが破産申請をしてしまい、
この瞬間、トレーダーたちが心理的にイギリス市場を否定的にとらえ、皆が逆の方向へトレードをし始めました。
- そのため、大金を一気に失いました。これは、ファンダメンタル分析およびセンチメント分析(市場心理分析)を完全に
怠ってしまったからです。
この話は少し極端でしたが、話のポイントはご理解いただけたと思います。
これらを利用する際には、どのようにバランスよく分析していくのかを学ばなければなりません。