FX市場のプレーヤー

FX市場のプレーヤー

FX市場の全体的な構成を理解したので、 FX市場のプレーヤーについて掘り下げて見ていきましょう。FX市場の本質とFX市場の主なプレーヤーを理解することは不可欠です。

1990年代後半まで、FXは”大物”しか手をだせませんでした。最初の必要条件として、10億~50億円ほどの資金を所持していないと始められなかった為です。FXは元々銀行や大手の機関によって利用されるものであって、私たち一般人のためのものではありませんでした。しかしながら、インターネットやオンラインFXブローカーが普及され、今では私たちでもトレードできる仕組みがしっかりとあります。

下記が主なFX市場のプレーヤー達です。

1. The Super Banks

FX市場は分散化されているため、為替レートを決定するのは世界の大手銀行です。通貨の供給と需要に基づいて、一般的には彼らが売り/買いのスプレッドを作っています。

これらの大手銀行は、まとめるとインターバンク市場として知られており、顧客と自身のためにとてつもなく莫大の量のFX取引を引き受けています。メガバンクのいくつかは、UBS,Barclays Capital, Deutsche Bank, そしてCitigroupなどです。インターバンク市場自体がFX為替取引市場と言えるでしょう。

2. 大手の商業企業

商業企業は事業を行っていくために為替市場に参加します。例えば、アップルは商品のパーツを購入する際にはまずUSドルを日本円に両替しなければなりません。取引量はインターバンク市場より遥かに小規模なので、この類の市場プレーヤーは一般的に商業銀行と取引を交わします。

大企業の企業合併(M&A)もまた、為替レートの変動を生むかもしれません。国際的な国境を越えたM&Aでは、通貨の変換が発生し、それが価格を動かすことになりえます。

3. 政府と中央銀行

ヨーロッパ中央銀行やイングランド銀行、または連邦準備銀行にあたる、政府や中央銀行は定期的にFX市場に関与しています。企業のように、国の政府は、政府機関運営や国際取引の決済を行うためにFX市場に参加し為替の積立金を扱っています。
一方、中央銀行はインフレーションをコントロールするため利子率を調整するときにはFX市場に影響を与えます。これによって、通貨の価値にも影響を及ぼすことになります。FX市場で為替レートを再調整をしようとして中央銀行が干渉する実例もあるのです。時折、中央銀行は通貨があまりにも高くあるいは低く値付けられたとし、大量の売り/買いを実施して為替レートを変動させます。

4. 個人投資家

FX市場プレーヤーとしての相場師が全取引の90%近くを構成しています。何人かは大金を持っていて、何人かは少額のみの投資と様々ですが、彼ら全員がFXに参加し莫大なお金を得ているのです。