FXの歴史を知ろう

第二次世界大戦の終盤、全世界が大混乱を経験し西欧の政府はグローバル経済を安定させる体制を創造する必要を感じました。

“Bretton Woods System”として知られる議論が、 金に対する米ドルの為替レートを設定しました。しばらくの間安定した為替レートは、世界の主要経済が急速に変わり発展し始めるにつれ、体制のルールはすぐに時代遅れになり制限もされました。1971年になると、”Bretton Woods Agreement”が廃止され、別の通貨価値システムに替えられました。操縦席にいたアメリカの力で、為替市場は漠然としたものとなり、為替レートが供給と需要によって決定されるようになりました。

最初は、公平な為替レートを決めることが困難でしたが、テクノロジーと通信の発展によって容易に解決されました。
1990年代に入ると、開発者とインターネット急成長のおかげで銀行は自身の取引プラットフォームを創り始めます。これらのプラットフォームは顧客へリアルタイムで言い値を流すように設計され、自分たちで即座に取引ができるようになりました。

一方で、頭の冴える商売気質があるマーケティングマシーンが、個人トレーダー向けにインターネット型の取引プラットフォームを発表します。

“retail forex brokers”、FXブローカーが小さい取引サイズでも取引が出来るようにプラットフォームを簡易化し、標準取引サイズが100万通貨単位であるインターバンク市場とは違い、ブローカーは1,000通貨の取引を可能にしました。

FXブローカー

過去には、大物の個人投資家や大資本投資社のみが為替取引をすることが許されていましたが、FXブローカーやインターネットのおかげで今ではそうではなくなりました。
参入のバリアがほとんどない状態で、誰でもブローカーに連絡を取り、口座を開設し、資金を入金して家で楽にFX取引が出来るようになりました。ブローカーは基本的に下記のように2種類に分類されます。

1. マーケットメーカー
名前の通り、自社で売り/買い価格を設定するタイプ

2. 電子通信ネットワーク(ECN - Electronic Communications Networks)
インターバンク市場にある機関から最も良い売り/買い価格を提供するタイプ

マーケットメーカー

エスカルゴを食べにフランスに行きたいとします。その国で決済をするためには、銀行あるいは現地の外国通貨両替所に行ってユーロを手に入れる必要があります。あなたの取引に相対したものを求めるのであれば、彼らが設定した価格で母国の通貨をユーロに両替することに同意しなければなりません。
あらゆるビジネス上の取引には、落とし穴があります。この場合、売り/買いのスプレッドを理解しなければなりません。
例えば、銀行のEUR/USD買い価格が1.2000の場合、売り価格は1.2002になり、売り/買いのスプレッドは0.0002となります。かなり少額に見えますが、何百ドルという日々のFX取引を考えたときには、マーケットメーカーにとってかなりの利益が生まれることになります。
マーケットメーカーはFX為替市場における基盤の積み木と言えるでしょう。彼らなしで一般の人がFX取引を行うのはとても困難です。

電子通信ネットワーク(ECN)

ECNは顧客の売り/買い注文を自動的にマッチングさせる取引プラットフォームの名称です。これらの注文の価格はマーケットメーカー、銀行、そしてECNを利用する他のトレーダーさえからも収集されるようになっています。売り/買い注文が入った時にはいつでも、存在する最も良い売り/買い値で決済されます。
自身の価格を設定するトレーダーの能力によって、ECNブローカーは一般的にわずかではあるが取引手数料を課しています。狭いスプレッドと少額の手数料の組み合わせによって、ECNブローカーでのコストを安価に抑えています。