FXの基本的な専門用語

FXの基本的な専門用語

初心者は初回取引の前にいくつかの用語を知っておかないといけません。用語ははすでに学びましたが、復習しておくのに越したことはありません。しっかり覚えられているのかチェックしてみましょう。

メジャーとマイナー通貨

最も頻繁に取引される8つの通貨(USD, EUR, JPY, GBP, CHF, CAD, NZD,そして AUD)を、メジャー通貨・主要通貨と呼びます。これらは流動性が最も高いです。その他の通貨をマイナー通貨と呼びます。

基軸通貨

基軸通貨は、どの通貨ペアも例外はなく、/(スラッシュ)の前にくる通貨です。通貨レートは、後につく通貨に対して基軸通貨がどれくらいの価値があるのかということを示します。例えば、USD/CHFが1.63500であれば、1USDがCHF1.63500スイスフランということになります。つまり、1.63500スイスフランで1USDを買えるということにもなります。

FX市場では、USドルは通常決済時基軸通貨として見なされます。通貨ぺアの後者通貨につき1USDとして表されるということになります。このルールには例外があり、主に次の通貨では基軸として扱われないことがあります。ポンド、ユーロ、オーストラリアドル、そしてニュージーランドドルです。

決済通貨

決済通貨は通貨ペアの後ろ(/スラッシュの後)に位置しているものです。これはpip通貨とも呼ばれて、損益もこの通貨で表されます。

Pip

pipは、通貨価格の最小単位です。ほとんどの通貨ペアの価格は5桁(6桁もある)で構成されていて、1桁目のすぐ後に小数点がきます。EUR/USDは1.2538のようになります。この場合、一つのpipが少数以下4桁の最小変数、0.0001ということになります。従って、決済通貨がUSDの場合、1pipは常時1/100セントということです。

1pip = 0.01JPYと、日本円は例外なので注意しておきましょう。

Point

10分の1pipがpointと呼ばれます。これによってより精細に価格の動きが確認できます。例えば、EUR/USDが1.32156から1.32158に動いたとすれば、2 point動いたことになります。

Bid 価格

bidは、FX市場で市場側が特定の通貨ペアを買い取る際の価格です。この価格で、トレーダーは基軸通貨を売ることが出来ます。/(スラッシュ)の前に表示される数字がこれにあたります。
例えば、GBP/USD:1.8812/1.8815では、1.8812の部分がbid価格です。これを取引すると、イギリスポンドを1.8812USドルで売るということになります。

Ask 価格

ask価格は、FX市場で市場側が特定の通貨ペアを売る際の価格です。この価格で、トレーダーは基軸通貨を買うことが出来ます。/(スラッシュ)の後ろに表示される数字がこれにあたります。
例えば、EUR/USD:1.2812/1.2815では、1.8815の部分がask価格です。これを取引すると、イギリスポンドを1.2815USドルで買うということになります。

Bid/Ask スプレッド

スプレッドは、bidとask価格の差です。“big figure quote”はディーラー専門用語で為替レートにあたる初めの何桁という意味です。これらの桁はよく省かれることがあります。例えば、USD/JPYのレートが実際には118.30/118.34ですが、最初の3桁を省いて”30/40”と言われることがあります。この場合USD/JPYのスプレッドは4pipsということになります。

相場のしきたり

基軸通貨 / 決済通貨 = Bid / Ask

取引コスト

bid/askスプレッドの最大の特徴は、往復取引の際に取引手数料としても機能するという点です。往復とは、売りでも買いでもポジションをオープンして、オープンとは逆の注文・同様の通貨ペア・同じ取引量で清算することを指します。例えば、EUR/USD1.2812/1.2815の場合は取引手数料は3pipsとなります。

取引コストを計算する公式は:

取引コスト (スプレッド) = Ask 価格 – Bid 価格

Cross Currency

クロス通貨とはUSドルを含まない通貨ペアを指します。

必要証拠金

FXブローカーで口座を開くと、最低でもいくらかは入金しなくてはなりません。これを最低入金額といいますが、最低入金額は$100から$1,000とブローカーによって様々です。

新規取引を行う度、口座残高の一定のパーセンテージが新規注文の必要証拠金要件として設定されています。これは、通貨ペアはもちろんのこと、現在の価格、取引量(ロット数)に基づいて決められています。取引量はいつでも基軸通貨で扱われます。

例えば、200:1のレバレッジまたは0.5%マージンを提供するミニ口座を開設したとします。ミニ口座はミニロット(10,000通貨)が対象です。1ミニロットでポジションをオープンした時には、$10,000をそのまま支払う代わりに必要証拠金として$50だけ支払います。($10,000 x 0.5% = $50)

レバレッジ

レバレッジは、必要証拠金に対して取引に使われる資金の比率で、預金の数倍から数百倍の資本での取引を可能にする仕組みです。比較的少額の資金で多額の取引を動かせる力です。提供レバレッジはブローカーによって異なります。

ここでは専門用語の復習をしたので、次は取引注文の種類について見ていきましょう。