市場規模と流動性

ニューヨーク証券取引所のような他の金融市場とは異なり、外国為替市場は物理的な場所でも中心的なExchangeがありません。外国為替市場は24時間にわたりインターバンク内で電子的に取引されています。その為どこからでも取引に参加することが可能です。
外国為替市場は個人や組織関係なく誰でも参加することができ、世界で注目される最も人気のある金融市場です。

市場で最も流通している通貨は以下の通りです。USドルが最も多く取引に使用されていることが分かります。

1-preschool-04-img01.png1-preschool-04-img02.png

実際に、国際通貨基金IMF)によるとUSドルは世界の公式外資の約62%です。ほぼ全ての投資家、ビジネスマン、中央銀行がUSドルを所有しているので、IMFは特にUSドルに注意しています。
USドルがなぜ外国為替市場で中心的な役割を果たしているかは大体の方が知っていると思いますが、その重要な理由をまとめてみると次の通りです。

- 米国経済は世界最大の経済のため
- 米ドルは世界共通通貨であるため
- 米国は世界で最大かつ最も流動性の高い金融市場を所持しているため
- 米国は安定した政治システムがあるため
- 米国は世界で唯一の軍事大国のため
- 米ドルは国境を超えて様々な場面で利用されているため。(例:オイルは米ドルで販売されている)