計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

いろいろな取引方法

この中でも一番人気があるのは外国為替スポット、先物、オプション、上場投資信託(ETF)です。

スポット市場

スポット市場では、通貨がリアルタイムの市場価格で、すぐにその場で取引されます。なぜこの市場が魅力的なのかは、そのシンプルさ、流動性、タイトなスプレッドです。さらに口座はわずか$25で開くことができるので、この市場に参加するのは非常に簡単なことです。またほとんどのブローカーは、通常、無料チャート、ニュース、FX情報を提供しています。

先物

先物取引とは特定の商品を将来的に約定した時点で、特定の価格で取引することです。その取引で生じた価格差額で収益を得ることを表しますが、この先物取引は1972年、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)により作られました。この取引は標準化し、市場環境は非常に透明化しており、いつでも価格と取引情報を利用することができます。

オプション

オプション取引とは、ある商品について、将来のある一定期間までに、定められた価格で買う権利、または売る権利を売買する取引です。重要経済指標の発表を控えていたり、大きな値動きが想定される場合には効果的な取引をすることもできます。オプションの欠点は、市場のオープン時間が限られており、流動性が先物やスポット市場よりも大きくないということです。

上場投資信託

上場投資信託とは金融商品取引所で取引される投資信託のことでETFとも呼ばれています(Exchange-Traded Fund)。日経平均株価や東証株価指数または海外の株式や債券等の指標に連動するETFを、株式と同様に国内証券取引所(東証等)で取引できます。オプションと同様に、ETF市場は24時間開いていません。