計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

サイン系インジに組み合わせて値幅目処をフィボナッチで出すとか

ということで、今週触れてたフィボナッチをどうにか上手いこと使えないかで、

サイン系なインジケーターが売買サインを出したとき、

そのサインの後どこまで伸びるのか?

そもそも伸びる余地が有るのか?

っていうことの分析に使えるんじゃなかろうか。

って思ったので、そんなネタを。

エリオットジグザグを導入

www.fxnav.net

もう、全力で人様のサイトにおんぶに抱っこで、これがだいぶ良いなぁってことで。

ダウンロードリンクが有るんで、ダウンロードしてセットしてもらうと・・・

f:id:FXNUKE:20210410111824p:plain

こんな感じになるかと。

サンプルは、ゴールドの30分足をこの縮尺で表示。

f:id:FXNUKE:20210410112657p:plain

設定画面がこれで、フィボナッチの表示をオフに変更で。

 

ナノトレーダー FXを導入

www.fx-nuke.com

こっちは過去に書いてるんだけど、とりあえずこのサイン系なトレンドフォローインジで。こっちは15分足にセットしてる状態。

f:id:FXNUKE:20210410112033p:plain

 

モニター2枚有るとより良い感じ

f:id:FXNUKE:20210410112119j:plain

これ、実際に自宅のトレード環境で、ホントはそれぞれ左にも上下2面有って、

合計4面に表示させてトレードをしてる状態。

厳密には、左下が作業用、左上はYou Tubeなりアマプラなりで動画を流してるだけ。

ほんで、上が30分、下が15分。

毎度のこと、15分足のゴールド相場で効果てきめんすぎる結果を出してるんだけど、

いざ、サインが出たときにそこからどこまで伸びるのかを予想できたら好都合。

f:id:FXNUKE:20210410112517p:plain

もちろん1つの画面に2つとも表示だって出来るけども、分かりづらいんで・・・。

 

実際に売買サインが出た後の立ち回りとか

盛大に結果ありきのスクショで検証していくと、こんな感じ。

例1

f:id:FXNUKE:20210410113457p:plain

矢印のところで、買いサインの後押し目買いになるようなタイミングが来て、

実際の描写中はその後どこまで伸びるのか、そもそも上昇するのかも不明な状態。

その状態をさっきのジグザグ画面で見て、確定した1本目のブルー線にフィボ。

f:id:FXNUKE:20210410113600p:plain

設定値は多少いじってるかもしれないけど、161.8とか268.1を入れてる状態。

これってのはフィボナッチエキスパンションを1波と2波に合わせたときとい一緒で。

フィボの入れ方は逆向きにトレースする感じに画面だと、aから5の数字に合わせて。

そうすると、押し目買いタイミングなところが2波の終わり部分的になってて、

この上ないくらいのタイミングから3波の初動をキャッチ出来るという有様www

そうするとひとまずは161.8%水準を目指してほしいなぁと思った矢先、

わずか4本分のローソクで到達しちゃってるからそこで利確とか。

あるいは他の時間足とかも気にして、268.1を目指しても。

 

例2

f:id:FXNUKE:20210410115121p:plain

f:id:FXNUKE:20210410115144p:plain

これは最新で描画中の売りサインの所。

売りサインでエントリー下として、どこまで下がるのかを見ると、そもそも直前に大幅上昇してて、その値幅に対してフィボナッチを入れるとこんな感じ。

いわゆる、行って来いをした状態なので、100%くらい戻したという展開で。

途中61.8%ラインで利確して、次は上の画面でオレンジのラインにローソクが接近。

そこをフィボナッチでみたら、61.8%ラインにキャップされてるから追加の売り。

みたいなエントリータイミングの認識ができるかと。

おまけに、更にその後もオレンジラインにタッチしてて、そこは実は50%ポイント。

f:id:FXNUKE:20210410120649p:plain

もはや不気味さも感じるくらいにきっちり跳ね返されてるような有様。

 

まとめ

ということで、この2つの画面、インジケーターを併用した場合の立ち回り方。

1、ナノトレーダーFXの方で売買サインを待つ

2、サインが出た場合、実体ローソクと近似なら即エントリー。乖離なら戻り待ち。

3、エントリー後、ジグザグの最新確定部分にフィボナッチを表示

4、100%を超えていくようなら、上昇・下落目処を161.8%付近までに

5、実際にその水準に達したら利確

6、ジグザグの線が長い場合は38.2、61.8等の数字を目処に利確

 

といった感じの立ち回りで行くと、エントリー後の利確目処が出せるかと。

多分エリオット波動とかが出しやすい感じで、ポイント&フィギュアの水平カウンティングとか、一目均衡表の時間論とかを考えるよりもわかりやすいと思う。

 

あぁ、あと、フィボナッチは、MT4標準搭載で文字入力の隣に有るからそこから。