【立ち回り方】インジケーターが機能しなくなったときの立ち回り方

聖杯探し、聖杯になる設定探しを繰り返しまくり、どうにかこうにか見つかったときに次の問題になるのが、それが機能しなくなったときの立ち回り。

せっかく良い設定、良いインジケーターを見つけたのに、

また別のを探さないと行けないのか(´・ω・`)

ってなると、もう、それは死ぬまで続く事になると思うので、それ対策。

機能しなくなる理由を考える

せっかく機能するものを見つけたのに機能しなくなるのは理由が有るから当たり前。なので、その理由を考察して、それに対する対処を考えるのが先決。

そもそもの話、1つのやり方が、すべての通貨ペア、すべての時間足、すべての相場状況で有効に働くわけが無いんだから、機能しない場合はそれ相応の理由が有るってことをまず思い出す必要性があるかと。

 

実際に機能しなくなった時の例

書いてるタイミングでFOMC待ちの週でゴールドがそうなってるので、その例。

f:id:FXNUKE:20210318125734p:plain

こんな感じで、数日前までわかりやすい感じに動いてたのが、直近3日間が横ばいすぎてサインも頻繁に切り替わりどうしようもない状態。

f:id:FXNUKE:20210318130131p:plain

アップにするとご覧の有様でなかなかに厳しい状態。

ただ、そんなタイミングを過ぎた後、メインイベントを迎えると戻りやすく↓

f:id:FXNUKE:20210318130239p:plain

 

実際の立ち回り方

では、そんなタイミングを迎えたときの立ち回り方とか、スタンスとかを。

結論から言うと、何もしなければいいだけ。

あまりにも単純明快なんだけども、別にどんな相場状態でもエントリーし続けないといけないっていうことはありえないので、駄目なら様子見するだけでいいだけ。

そうすると、利益にも損失にもならないし、ほっといたらいつの間にか機能する状態に戻っているので、そうなったときに再度エントリーしていくとかにすればいいかと。

機能しなくなった途端に、別のやり方を探し始めるとドツボにはまって、堂々巡りの繰り返し。

純化とかをしていけば、見るべきものはどんどん絞っていけると思うから、せっかく絞ったのならばそのやり方だけに目を向けるだけでも必要十二分なので。

 

まとめ

なにか1つやり方見つけたら、徹底してその1つを見るだけにして、

機能しなくなったら休みくらいの感覚で望めばいいと思う。