【GOLD 15分足向け】今更のHMAをいい塩梅に使うテンプレ

ハル移動平均線っていう、それなりにFXやってインジケーター探しに没頭してる人なら1度くらいは見たことありそうな、あのインジケーターの話です。

HMAって表記されてることが多い気がするので、HMAで。

外観を平たく言うと、移動平均線的ななめらかラインが現れ、色の変更でトレンドの転換を知らせてくれる仕組みなもの。

デメリットは転換時のサインがローソク足と乖離しやすい点かしら?

なにせ移動平均線っていうくらいだから、トレンド転換時は大きな実体ローソクの動きでやっと反応するっていう印象になるので。

そんなHMAをいい塩梅に使えるんじゃないかっていう設定とか組み合わせを。

※載せてるHMAはどこかからダウンロードしたもので、類似のものが大量に出回ってるため、単独で他から入手した場合

f:id:FXNUKE:20210304052302p:plain

ダウンロード

drive.google.com

 

設定

f:id:FXNUKE:20210304050549p:plain

デフォルトから変更してるのは、

・ラインナンバーを5から0へ

・アラートをオンに変更

の2点ほど。

これは単に余計なラインを消したかったのと、通知が欲しかったので変更したのみで。

ちなみに、ラインナンバーの数字はその数分、トレンド転換の水準にラインが出現するやつです。

 

売買エントリー目安

買い

f:id:FXNUKE:20210304052336p:plain

結局押し目を狙う感じなんだけど、冒頭に触れたとおりトレンド転換サインと実体ローソクが乖離することが多いので、転換時、直後にエントリーすると高値づかみでしばらく含み損が出やすい印象。

それを回避するために、RSIで押し目を狙うという話です。

売り

f:id:FXNUKE:20210304052601p:plain

結局、戻り売りを狙う感じなんだけど冒頭に触れたとおりトレンド転換サインと実際ローソクが乖離することが多いので、転換時、直後にエントリーすると安値づかみでしばらく含み損が出やすい印象。

それを回避するために、RSIで戻り売りを狙うという話です。

 

トレンドが続いている場合の連続エントリー

f:id:FXNUKE:20210304053514p:plain

なにせ投稿日のスクショだけども、下落トレンド中でラインそのものを補助線的に使いつつ、RSIの高値圏が黄色丸のいつで、都度戻り売りで入れる感じ。

ゴールドだと値幅も有るので、1回20Pips取るとかでもぜんぜん成立してて、こんな展開だと、1日5回とかっていう状態。

丸入れてないけど、左側の上昇トレンドも基本同じで。

 

機能してないタイミング

f:id:FXNUKE:20210304053835p:plain

左から、買いサイン転換後右肩下がりでどこで入っても損失になり、サイン転換後も短期間で再転換して、急落で再転換してからRSI高値の戻り売りが発生。

要はより上位足レベルでもわかるような長いトレンド中とかのときに、一瞬の踊り場でサインが転換してしまうので、そういう状態の時だと厳し目。

 

機能しない通貨ペア

f:id:FXNUKE:20210304054141p:plain

全般的なハイボラティリティで1方向に動きやすいようなペアがいい感じで、

ローボラとか、横ばい期間が長いとか、トレンドが出にくいとかだと厳しいかも。

サンプルのドル円なんかは、15分足だと同じスパンなのにこの有様なので。

 

実践的な使い方イメージ

なにせ、1日に1回のサイン転換があればわかりやすく、わかりにくくてもせいぜい数回程度のサイン出現なので、日中サラリーマンやってるとか、主婦業忙しいとか、張り付いたりしなくてもどうにか出来ると思うんで、ゆるく対応出来るかと。

あるいはトレンドが強めに出てるような認識が出来たら、途中書いたRSIベースに戻りと押し目を狙って複数回エントリーが狙えるので、その中から1日1回とかでもいいし。

サインの出現期間が長期に渡るので、その数時間のうちのどこかで間が合えばいいかと。設定上メール通知も出来るので。

あるいは、値幅的に100Pips超える値動きをキャッチできることも多々有るので、1日に一回の売買に絞って相当大きく取るっていうやり方も有りで。

 

ロスカット設定とエントリーしたくないタイミング

急騰、急落発生時は追いつけなくなるのでロスカット注文は必須。目安は直前の高値/安値に設定が無難。含み益が出たあとの場合は、同値撤退するようなラインでも可。

エントリーしたくないタイミングは、実体ローソクがHMAでのラインを割り込んだ場合。必ずしも即座にトレンド転換にはならないものの、ラインを超えた場合は転換する可能性が高いので、そこでのエントリーは逆張り的な事になり損失になる可能性が有るので。

まとめ

とりあえず、ゴールドの15分足に合わせてるけど、他でも同様な描写があれば他の通貨ペアでも行けるかも。

他の通貨ペアで合わない場合でも、時間足変更や、パラメーターの数値変更でサインの表示回数を増減できるのでそのへんはフィッティングすればどうにか出来るかも。

いや、まぁ、いい加減気がつくともうけど、分析とかはどうでもいいし、なんなら移動平均的なもので中長期の大きな流れの中なら値幅取りやすいんだから、あとはそれを淡々と取っていけば、少額からでも億万長者が見えてくるかもで。

チャート分析とかよりも、手持ちの資金管理が最重要で、うまく立ち回ること優先で。