計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

普通に5分足でも行けるんだけど、それはトレードスタイルによりけりか?

話のベース

www.fx-nuke.com

過去の投稿をこすりまくるけども、あれをそっくりそのまま5分足にしたらどうなるかの話。結論、動くんだから、5分足でも別に問題ないっていう感じで。

サンプルスクショは以下の通りで、左側の買い側でもそこそこ。でも、それは買いサインからだいぶ経ってるのでさておいて、サインが出た直後に注目したいから。

実例

f:id:FXNUKE:20210223234249p:plain

で、サインが出たらまずしたいのが横線入れ。

サインのオレンジ丸にかぶるように入れてやって、これをロスカットラインに設定。

したらば、売りサイン中のRSI高値圏及び、オレンジのバツの並びを背にして売りで入っていくだけ。

なので、最初の黄色丸がオレンジバツの背とRSI高値でガチガチ。

次は、RSIの高値圏からで一応エントリーで結局勝ち。

その次はオレンジバツを背にして、RSIの高値圏を引きずっておいてから。

 

そして、赤丸が結果的に駄目なポイント。

オレンジバツの背だし、RSI高値圏があるのにサクッと超えていって30Pips含み損。

普通に考えたら、「あ~どうしよう」って頭かかえるタイミングなんだけども、

そこに効いてくるのが、サイン後一番最初に引いたオレンジのライン。

これを損切りラインに設定してるから冷静さを持ってきて、確定した実体ローソクが超えない限りは持とうっていう判断にでもなるかと。

そしたらまた、絵に書いたようにひげを付けた陰線が出てしばらく横ばい。

でほっとくと、今回の動きの場合は、赤丸の水準から最大-30Pipsを経て、

140Pipsくらいの下落を2時間程度で観測。

その後の動き

f:id:FXNUKE:20210224001607p:plain

そしたらまた、展開が面白いからヤラセのようなスクショが取れる。

その140Pipsの下落のあとがっさり戻して行って来い。

その行って来いの高値頂点が、やっぱりオレンジバツにタッチするまで。

挙げ句はそこに弾き返された感じに上ひげ付けて陰線確定だから、

こんな無謀な動きの中でもエントリーしていける余地があるなぁっていう事で。

まとめ

もはや、このインジケーターの製作者みたいな感じになってるけど、的確にタイミングを出してくれるのであれば、全面的におんぶに抱っこで行って、使い方を考慮してみたら良いじゃない?

っていうことで。