計画的FXのすゝめ

主にゴールドとドル円トレードで展開中

追加インジケーターを使用しない場合のトレード戦略

MT4インジケーターの紹介ブログをやっておきながら、

追加のインジケーターを使わずに標準搭載のでどうにかする場合の話です。

f:id:FXNUKE:20210208121152p:plain

何を使うのか?

これはネット上に転がってる戦略の改良版。ってのが今後書くであろう別のインジケーターの設定値に近似値のものがあるので、それを応用する時用で設定してるので。

冒頭スクショに表示させているのが、

・平滑移動平均線 期間8 (黄色)

f:id:FXNUKE:20210208122616p:plain

加重移動平均線 期間144 (赤色)

f:id:FXNUKE:20210208122628p:plain

・RSI 期間2

 

エントリールール

基本は、移動平均の交差でエントリーで、トレンドフォロー型なのでボックスになる時は不発に終わる可能性大。でも、トレンドが出たらいい感じなる戦略で。

サンプル画面のドル円なんかだと低ボラで横ばいになることが多いものの、トレンドが出てるタイミングであればきっちり昨日する感じで。

補足的にRSIを入れているのは順張りで使う用で、サンプル画面だと、

1、移動平均線の交差を確認

2、長期移動平均線押し目買いタイミング

3、RSIの底値圏入

の3つの条件が合致した熱めな状態。

 

推奨通過ペアと時間足

これに関しては全般に使えるだろうけども、

・ハイボラなら短期足でも(貴金属、ポンド系ペアなどなど)

・ローボラなら中長期足で(ドル円、ユーロドルなどなど)

といった至極当たり前な感じで。

 

ロスカットの入れ方

エントリー前直近の安値・高値に設定

 

ダウンロード

2MA.zip - Google ドライブ

 

まとめ

このやり方にどんなメリットがあるかと言われると、スマホ版で再現できる点。

スマホ版のMT4だと追加インジケーターを導入できないので、出先とかでチェックしたい場合に見やすいかなぁと。

スマホ画面とかはまた別記事で。