計画的FXのすゝめ

主にドル円トレードで展開中

クロス通貨ペア

クロス通貨 まとめ

為替市場では沢山の取引の機会があります。ここで覚えておくべきことは次の通りです。- クロスはFXトレーダーに多くのペア取引を提供するためトレードの幅が広がります。- 主要取引よりもクロス通貨の方が透明性のあるトレンドと範囲を確認することが出来ま…

クロス通貨ペアが与えるUSドルペアへの影響

クロス通貨ペアが与えるUSドルペアへの影響 米国政府が金利を上げるとアナウンスしたら多くの投資家はUSドルやその他主要通貨を買い始めるでしょう。EUR/USDとGBP/USDの人気は下がり、代わりにUSD/CHFやUSD/JPYが上昇します。EUR/USDで儲けが出てきた時に、U…

主要通貨のクロスカレンシー取引方法

主要通貨のクロスカレンシー取引方法 クロス通貨取引をせずに主要通貨を使って取引をしたいと固執せず、クロス通貨を使うことでより良い取引選択ができる可能性が拡がると柔軟に考えることも大切です。例を挙げてみましょう。クロス通貨は各主要通貨ペアの相…

EURとJPYのクロス取引

EURとJPYのクロス取引 USドルの次に取引に使われる通貨がEURとJPYです。これらは流動性も高いため、主要通貨の一つと言えます。クロスEURの取引最も人気のあるクロスEURは、EUR/JPY、EUR/GBP、EUR/CHFですUKニュースはEUR/GBPに多大な影響を与えます。不思議…

シンセティック通貨ペアの取引方法とお勧めしない理由

シンセティック通貨ペアの取引方法とお勧めしない理由 シンセティック機関のFXトレーダーは確かなクロス通貨の取引が出来ません。なぜなら実行に必要な十分な流動性がないからです。彼らの望む取引を実行させるためには、「シンセティック・ペア」が必要です…

クロス通貨の基礎取引方法

クロス通貨の基礎取引方法 もしオーストラリアから影響力が強いと思われるエコノミックデータが出てきたら、AUD/USDを買うのが当たり前の行動と言えます。しかし、もしも同時に米国でもエコノミック成長があったとしたらAUD/USDの価格の変動はそこまでないか…

曖昧なクロス通貨に気を付けよう

曖昧なクロス通貨に気を付けよう ユーロと円のクロス通貨は最も流動性のあるクロス通貨ですが、USD、EUR、またはJPYが含まれないクロス通貨を「マイナーなクロス通貨」とも呼びます。その例として、AUD/CHF, AUD/NZD,CAD/CHF, GBP/CHFが挙げられます。 あま…

取引金利の差違

取引金利の差違 低い金利を持っている通貨を売って価格の上昇により金利差(Carry Tradeとも呼ぶ)が発生し利益を得る方法があります。クロス通貨は高金利のペアを持つ取引を提供しています。アップトレンド中のAUD/JPYを例として見ていきましょう。AUDとJPY…

クロスカレンシーは「トレンド-Y」

クロスカレンシーは「トレンド-Y」 過半数のFX市場はUSドルと関わりがある為、多くのニュース報告がUSドルに影響を与えやすいと想像できます。米国は世界最大の経済力を持つため投資家は大きな変化がない場合でも米国の報道に強く反応します。以下のチャート…

なぜクロスカレンシー取引をするのか?

なぜクロスカレンシー取引をするのか? FX取引での90%以上が米ドルを含みます。米ドルは世界共通通貨として知られています。石油や農業、工業の商品も米ドルで販売されているケースが殆どです。国が石油やほかの農産物を購入する時には、まず、自国の通貨を…

クロスカレンシーペアとは?

クロスカレンシーペアとは? 昔は誰かが通貨交換を試みた時、その資金をまずUSドルに変換してから変えたい通貨に変えていました。例えると、EURをJPYに変える時、EURをUSドルに変換してから、USドルをJPYに変換するといったシステムです。クロスカレンシーの…